矯正治療中のむし歯・歯周病予防-横浜市・鶴見・川崎の矯正歯科ならフーガ2矯正&ブライト歯科

一歩先を予測した歯科治療を行います。矯正歯科(横浜市・鶴見・川崎)なら当院にご相談ください。

ご予約・お問い合わせは

電話番号045-585-0811
ip電話番号050-1090-9253      

無料矯正相談 資料請求
電話番号045-585-0811 ip電話番号050-1090-9253
無料矯正相談 資料請求

矯正治療中のむし歯・歯周病予防

矯正中のむし歯・歯周病予防について

矯正治療中のむし歯は誰もが心配することのひとつです。

むし歯ができてしまうとむし歯治療をするために、矯正治療を一時中断しなければなりません。せっかく動いた歯が元の状態に戻り、それまでの治療が無駄になってしまいます。

矯正治療中の最大の敵はむし歯であるといっても決して言い過ぎではないと思います。特に歯と歯が隣あっている部分はむし歯になりやすく(隣接面う触)、優秀な歯科医でも見落としがちです。

当院は限られた時間の中で確実な矯正治療を行うために、むし歯予防に力を入れています。矯正治療中のむし歯治療は矯正を専門とする歯科医師はなかなか行いませんが、一般歯科も行っている当院ならではの強みといえます。

【矯正中のむし歯・歯周病を防ぐ(1)】調整時にデンタルフロスでチェック

隣接面う触(隣り合っている歯にできるむし歯)の怖さは、小さなむし歯にみえても実は歯の内側深くまで感染している可能性がある事です。そのため気付いた時には神経まで達していて、かなり大きなむし歯になっている事もあります。

隣接面う触を防ぐには早期発見が重要ですが、確認が難しい場所だけに発見が遅れがちです。

当院は矯正治療中のむし歯の早期発見・予防のために、デンタルフロスを使ったむし歯チェックを行っています。歯に異常があるとデンタルフロスがひっかかりますので、場合によってはレントゲン等で確認し、その歯の状態に合わせた処置または定期観察を行います。(必ず削るという訳ではありません。)

歯と歯が密着している部分に小さいむし歯が元々あった、あるいはできた場合は、抜歯症例に対して、矯正治療で歯を動かしている途中に隙間ができた時に治療を行います。この場合は噛む面からでなく、歯の側面から最小限の形成で歯と同色のコンポジットレジンという強化型プラスチックを詰めて治療を完了できます。

非抜歯症例では、むし歯治療を行える程隙間ができる事は少ないので、応急的な修復物や詰め物で治療し、矯正治療後に最終的な治療を行う事が多くなります。応急的な詰め物だけでも行わないとむし歯は進行します。また、矯正治療終了後の方が噛み合わせが良くなっているので、材料を問わず本来の歯と同じ様な形態、あるいは理想的な形態の修復物を装着しやすくなります。

一方、かなり大きいむし歯の場合は、一般的に歯の神経(歯髄)をとる治療が行われる可能性が高く、歯が脆く寿命が短くなりやすいですが、矯正治療中に神経を保護する薬を詰めておけば、神経(歯髄)の表層部分に修復象牙質と呼ばれるものが少しずつ形成され、神経をとらずにすむ事もあります。

一般歯科も行っている当院だからこそ、最後まで矯正治療を行えます。

【矯正中のむし歯・歯周病を防ぐ(2)】調整時のフッ素塗布

永久歯列期(歯の交換期以降)に使用する装置は、成人で使用する装置と同じです。

当院は矯正装置を取り付ける前に、ブラッシング指導とフッ素塗布を行っています。

フッ素を塗る事で歯質を強化し、むし歯になりにくくします。患者様の歯の状態などを見ながら3~4ヶ月毎に行いますので、かなり高い予防効果を上げています。

なおフッ素塗布をしても完全にむし歯を防げるわけではありません。何よりも大切なことは日頃のプラークコントロールです。患者様ご自身で歯磨きをしっかり行い、フッ素入り歯磨き材の使用やフッ素洗口を併用する事で、フッ素塗布との相乗効果が期待できます。

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

  • 最初は矯正装置による不快感、痛み等があります。数日間~1、2 週間で慣れることが多いです。
  • 歯の動き方には個人差があります。そのため、予想された治療期間が延長する可能性があります。
  • 装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療には患者さんの協力が非常に重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
  • 治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなります。虫歯や歯周病のリスクが高まりますので、丁寧に磨いたり、定期的なメンテナンスを受けることが重要です。
    また、歯が動くと隠れていた虫歯が見えるようになることもあります。
  • 歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきが痩せて下がることがあります。
  • ごくまれに歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
  • ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。
  • 治療途中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
  • 治療中に「顎関節で音が鳴る、顎が痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
  • 様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
  • 歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行う可能性があります。
  • 矯正装置を誤飲する可能性があります。
  • 装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
  • 装置が外れた後、保定装置を指示通り使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
  • 装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)や虫歯の治療(修復物)などをやり直す可能性があります。
  • 顎の成長発育により咬み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
  • 治療後に親知らずが生えて、凸凹が生じる可能性があります。
    加齢や歯周病等により歯を支えている骨が痩せると咬み合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。
  • 矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。

矯正カウンセリングを行っています




など、矯正の疑問、質問にお答えします。
ぜひ一度ご来院ください。


TOPICS

  • 2021.07.01

    緊急事態宣言再発令および新型コロナウィルスに対する当院の対策

    当院では院長を含むスタッフ全員の新型コロナワクチン2回接種を
    令和3年6月に完了した事をご報告させていただきます。
    今後もスタッフ全員で感染対策に細心の注意を払いながら、
    安心して来院いただける環境づくりを行っていきます。

  • 2020.04.02

    【新型コロナウィルスの対策について】

    当院では感染症拡大の防止のため、来院時に手洗いのご協力をお願い致します。

    また発熱やのどの痛み、せき、息切れ、強いだるさ(倦怠感)などの症状があり、新型コロナウイルスの感染が疑われる方、 感染の疑いのある方と接触された方、最近海外への渡航歴がある方につきましては、受診前にお電話にてご相談下さいますようお願いいたします。

  • 2019.12.05

    ホームページをリニューアルしました。