トップへ » 院長紹介・経歴 » 予防歯科の研究から視野の広い歯科医に

予防歯科の研究から視野の広い歯科医に

予防歯科の研究から視野の広い歯科医に大学に入学したときは矯正治療に興味があったので、いずれは矯正の道に進みたいと思っていました。でも矯正専門でやっていくとなると、一般歯科の治療の知識や技術がほとんど生かせなくなるのです。

私は、将来的に矯正治療だけでなく、むし歯や歯周病や噛み合わせなど、口腔内全体を総合的に治療していきたいと考えていました。それには、もう少し一般歯科の知識や技術を身につけておいたほうが、より理想に近い治療ができると思い、大学院で予防歯科を学ぶことにしました。

予防歯科の研究は、とても地道な努力の連続でしたが、勉強してきてよかったなと思っています。もし、矯正専門医として治療していたら、矯正治療中にむし歯や歯周病が見つかったとしても自分では、どうすることもできなかったと思います。結局、途中で治療を中断し、一般歯科で治療してもらうことしかできません。その間、動いた歯は戻ってしまい、それだけ治療期間も長引いてしまいます。

幸いにして私は一般歯科も行っています。歯の動きに併せた適切な治療を行うので、治療期間を引き延ばす事がありません。また矯正治療中のむし歯や歯周病の早期発見もできますしね。大学院時代の研究を生かした予防優先の治療を行っていますので、患者様にも喜んで頂いているのではないかな?と自分では思っております。


トップへ » 院長紹介・経歴 » 予防歯科の研究から視野の広い歯科医に


コールバック予約