トップへ » 矯正治療 » 一般歯科・小児歯科 » 当院のむし歯治療の考え方

当院のむし歯治療の考え方

むし歯治療多くの歯科医はむし歯の早期発見・早期治療の大切さを訴えています。むし歯は治療をすれば進行を食い止める事ができます。しかし治療回数が増えていくほど削る量が多くなり、歯も弱くなりがちです。

小さなむし歯であれば、感染部だけを削りすぐに最終的な修復物を詰める、あるいは歯型を取ってから次の回に最終的な修復物を装着しますので、治療回数は1~2回ですみます。

ところが、大きなむし歯になると、抜髄(神経を抜く治療)や根管治療が必要となり、神経や根管の処置に3回程度、さらに土台を入れるのに2回ほどかかります。治療回数が多くなるうえ、健康な歯に比べると歯の寿命が短くなり、状況によっては将来歯を抜く可能性も出てきます。これが"むし歯が大きくならないために、むし歯治療は早期発見、早期治療が重要"と言われるゆえんです。

しかしながら、進行しにくいむし歯や、再治療の可能性、あるいは乳歯の生え変わりなど、状況によっては早期治療が必ずしも最適とは言えないこともあります。そのため、同じ歯の治療でも歯科医ごとに判断が異なり、治療方針も違ってくるのです。これらが歯科治療を複雑にしている要因にもなっています。

当院では、これらのことを充分ふまえたうえで、一人ひとりの患者様に対してもっとも適切な治療を行うように心がけています。


トップへ » 矯正治療 » 一般歯科・小児歯科 » 当院のむし歯治療の考え方