トップへ » 患者様の声 / 矯正治療を終えて » 一般歯科・小児歯科 » 麻酔注射時の痛みを軽減するための工夫

麻酔注射時の痛みを軽減するための工夫

麻酔注射時の痛みを軽減するための工夫麻酔注射を打つとき、あるいは麻酔液を注入するときの不快感から、麻酔注射を嫌がる方がいらっしゃいます。当院ではできるだけ痛くない注射を心がけ、麻酔注射を使うときは患者様に痛みを与えないよう、できる限り工夫を凝らしています。

まずは注射針です。注射針は太くなればなるほど針を刺したときの痛みが強くなります。当院では、最も細い針を使っていますので、針を刺したときの痛みはほとんどありません。また、注射液の温度と体温との差が大きいほど痛みを感じやすいので、注射液は体温に近い物を使用いています。

その次は、針を刺す位置です。最初はできるだけ痛みを感じない部分に針を刺し、麻酔薬を入れてしばらく待ちます。表層の粘膜が麻痺しはじめたころに、全体に薬を注入していきます。ゆっくりと薬を注入していきますので、違和感がありません。その他、症例に応じて粘膜にゲル状の表面麻酔を塗布しています。

このようにもっとも効果的な方法を取り入れながら、痛みの少ない治療を行っていますので、安心してお任せください。


トップへ » 患者様の声 / 矯正治療を終えて » 一般歯科・小児歯科 » 麻酔注射時の痛みを軽減するための工夫


コールバック予約