トップへ » はじめに » できるだけ抜歯しない矯正 » できるだけ抜歯しない矯正

できるだけ抜歯しない矯正

できるだけ抜歯しない矯正

矯正相談に行ったら歯を抜かないと矯正できないといわれ、ショックを受けてしまった。
このような経験をされた方はいらっしゃいませんか?

当院ではできるだけ歯を抜かない矯正治療を心がけています(※)。矯正治療の患者様のうちお子様から始めた場合ですと約8割、大人でも約5割の方が非抜歯で治療行っています。もちろん、子どもに比べ成人の方が抜歯率は高くなりますが、それでも一般的にいえば高い非抜歯率といえます。

このページでは当院の抜歯・非抜歯の考え方についてご説明します。

※もちろん、すべての患者様が非抜歯で矯正治療ができるというわけではありません。歯やあごの状態、あるいは顔つきなど総合的に判断したとき、歯を残しておく事で全体のバランスが崩れてしまうこともあります。そのようなときは患者様にきちんと説明したうえで歯を抜くこともあります。矯正治療中の抜歯を心配している方は、一度ご相談ください。

※抜歯に対する恐怖を訴える患者様が、少なからずいらっしゃいます。
当院では、多くの場合、麻酔を含め、痛みを伴うことなく、矯正治療のために必要な抜歯を行う事が可能ですので、ご安心下さい。
麻酔が切れた後も、渡しておいた鎮痛剤を飲まずにすんだ患者様も結構いらっしゃいます。


トップへ » はじめに » できるだけ抜歯しない矯正 » できるだけ抜歯しない矯正


コールバック予約