トップへ » Q 矯正って安全にできるの?

Q 矯正って安全にできるの?

A 適度な矯正力を適切な方向に加えることによって、安全に治療できます。

歯とその周囲の骨(歯槽骨)との間には、歯根膜という線維に富んだ組織があります。歯に適度な矯正力を加え、歯根膜を圧迫すると、そこに骨を吸収する細胞が現れ、反対側の引っ張られる歯根膜には骨をつくる元になる細胞ができます。

そして、歯はゆっくりと動き出します。これは歯が、骨の中を通って萌出してくるのと同じメカニズムです。ですから、適度な矯正力を適切な方向に加える事で、歯を無理なく移動させる事が可能になり、安全に矯正治療を行う事ができるのです。

また、超弾力性形状記憶合金やバネを使用する事で、ごく弱い力で少しずつ歯を動かす事が可能ですので、はたから見て想像するほどの痛みや不快感はありません。

ただ、過度の矯正力が働いたり、矯正力の方向が適当でない場合、歯の根っこの部分が極端に吸収したり、歯肉の形態が著しく変化することあります。安全には矯正治療を行うには、やはり、しっかりとした矯正技術を持っている歯科医の元で治療を受ける事が重要と言えるでしょう。

>>無料矯正カウンセリングへ


トップへ » Q 矯正って安全にできるの?