トップへ » Q 矯正治療で歯並びをきれいにしたい。歯の審美性と機能性の両立は可能?

Q 矯正治療で歯並びをきれいにしたい。歯の審美性と機能性の両立は可能?

A 正しく治療すれば両立は十分可能。技術の確かな専門医を受診しましょう。

とても重要なご質問だと思います。確かに、せっかく歯並びがきれいになっても、噛む機能が損なわれてしまうのであれば、矯正治療の効果は台無しになってしまうでしょう。

矯正治療中は、一時的にですが、物を噛むのに苦労する事があります。特に矯正装置を入れてから1週間程度は、歯が移動するため、噛むと歯が浮いたような感じがして痛みを伴うこともあるでしょう。

そのようなときは、噛む前にあらかじめ食べ物をやわらかくしたり、小さくしたりして対処する事が可能です。また、歯並びは悪くても、それなりに安定していたものを矯正して動かすわけだから、治療前より多少かみづらいと感じる時期が出てくるかもしれません。そういった場合も、細かい技術を用いて、なるべく負担が軽くなるように調整することは可能ですから、過度に心配なさらないでください。

矯正治療においては、顔の骨格や軟組織との調和を図りつつ、あごにも負担をかけないように配慮しながら、歯を歯槽骨の中に無理なく並べ、さらに上下1本1本の歯をしっかり噛み合わせることを最終目的とします。したがって、正しい矯正治療が行われさえすれば、治療後の見た目の美しさ(審美性)と機能性はおのずから両立されてくるはずです。

しかしそうは言っても、歯科医院によっては、前歯の歯並びだけを取り繕い、歯の噛み合わせや機能性といったことを無視して治療が行われているケースがあるのも事実です。

そのような治療を行えば、咀嚼や他の機能まで損なわれてしまう可能性は非常に高くなると言わざるをえません。審美性と機能性を両立させるには、正しい矯正治療の技術に長けた専門歯科医の元で、治療を受けることをお勧めします。


>>無料矯正カウンセリングへ


トップへ » Q 矯正治療で歯並びをきれいにしたい。歯の審美性と機能性の両立は可能?


コールバック予約