トップへ » Q 目立たないタイプの矯正装置はどう違う?

Q 目立たないタイプの矯正装置はどう違う?

A 原理や効果は同じ。症状によっては使用できない場合も。

歯に装着する矯正装置がいやで、外見上の理由から治療に二の足を踏む人もいますが、最近では、目立ちにくい装置も普及しています。

ポピュラーなマルチブラケットという装置は、歯の表側に装着し、従来の金属製のタイプだと非常に目立ってしまうため気にする人も多かったのですが、現在は、セラミック製やプラスチック製の透明あるいは白いタイプなど、目立ちにくいものが、むしろ主流になっています。ただし、セラミック製は硬すぎてかえって欠けやすい、プラスチック製は耐久性に劣るなどの難点もあります。

歯の裏側に装着する事で、外見上、他人に気づかれないタイプの装置もあります。原理や矯正効果の点では表側につける装置との差はありませんが、歯の裏側がみがきにくい、舌があたって発音しづらい場合がある、矯正期間が長め、費用が高額(通常治療の約2倍)といった短所がある他、症状によっては使用できないケースもあります。

なお、当院では裏側からの矯正治療は行っていません。

>>無料矯正カウンセリングへ


トップへ » Q 目立たないタイプの矯正装置はどう違う?


コールバック予約