トップへ » 院長紹介・経歴

こんにちは、フーガ2矯正&ブライト歯科の院長・青柳佳治です

院長・青柳佳治

当院は、横浜市鶴見区で、矯正治療から審美・予防を含めた一般歯科まで行う数少ない歯科医院です。「矯正・審美・予防に優れ、応用できる地域一番歯科医院」をモットーに総合的な歯科治療を行っています。

私は歯科医師としてなにが大切なのかを考えたとき、まずは予防が一番と考えました。そこで、大学院に進学し、予防歯科について探究し学位を授かりました。続いて歯科診療において、歯並び、噛み合わせ、さらに歯科における美しさについても興味を持ち、矯正歯科の修練を積んで認定医の資格を取得する事ができました。

美しい歯、歯肉、歯並び、口もと、機能的な噛み合わせは、すべて豊かな表情・健康美につながります。そしてこれらを保とうとするエネルギーが保健行動に向かわせます。きれいな歯および歯並びと機能的な噛み合わせで豊かな人生をおくる事ができたなら、これに勝るものはないと考えています。

医者の父の背中を見て育ち医療を目指す

医者の父の背中を見て育ち医療を目指す私の父は内科の開業医をしていました。家庭の中に仕事を持ち込むことはありませんでしたので、父がどのような診療をしていたのかは知りません。それでも往診に出かける事が多かったので、かなり大変な毎日だったと思います。

私も医者になりたいと思っていた時期がありました。でも父を見ているとほとんど自由な時間がなくて、子ども心にもお医者さんは大変だなって思っていたんですよ。(ちなみに、私が、実際に歯科医院を開業して判ったのですが、何事も仕事を一生懸命おこなおうとすると自由な時間はほとんど持てないという事を、今現在、実感しています。自由な時間を持てるか持てないかは、少なくとも職業ではないのかなと思っています。)

高校生になり進路を決定するとき手に職をつけたいと思っていたので、医師も選択肢のひとつにあったんです。でも人の生き死に関わる仕事で責任が重大ですよね?当時はまだまだウブな青年でしたので、そんな重圧に耐えられるだろうかと真剣に悩んでしまったんです(笑)

いまでこそ歯医者さんは過当競争の時代ですが、私が大学を受検した時代は花形職業のひとつだったんですね。世の中の人が必要としている仕事ですし、道は違っても同じ医療です。どうせ手に職をつけるならこれからは歯医者さんかな?と思い、歯科医を目指しました。

予防歯科の研究から視野の広い歯科医に

予防歯科の研究から視野の広い歯科医に大学に入学したときは矯正治療に興味があったので、いずれは矯正の道に進みたいと思っていました。でも矯正専門でやっていくとなると、一般歯科の治療の知識や技術がほとんど生かせなくなるのです。

私は、将来的に矯正治療だけでなく、むし歯や歯周病や噛み合わせなど、口腔内全体を総合的に治療していきたいと考えていました。それには、もう少し一般歯科の知識や技術を身につけておいたほうが、より理想に近い治療ができると思い、大学院で予防歯科を学ぶことにしました。

予防歯科の研究は、とても地道な努力の連続でしたが、勉強してきてよかったなと思っています。もし、矯正専門医として治療していたら、矯正治療中にむし歯や歯周病が見つかったとしても自分では、どうすることもできなかったと思います。結局、途中で治療を中断し、一般歯科で治療してもらうことしかできません。その間、動いた歯は戻ってしまい、それだけ治療期間も長引いてしまいます。

幸いにして私は一般歯科も行っています。歯の動きに併せた適切な治療を行うので、治療期間を引き延ばす事がありません。また矯正治療中のむし歯や歯周病の早期発見もできますしね。大学院時代の研究を生かした予防優先の治療を行っていますので、患者様にも喜んで頂いているのではないかな?と自分では思っております。

患者様への気配りが長いお付き合いのコツ

患者様への気配りが長いお付き合いのコツ患者様の中には私が矯正治療を行っているという事で、「いろいろな治療に精通している」と、一目置いてくださっている方が結構多いのです。特にPMTCを含めた歯のクリーニングは、治療の一環として行っていますので、すごく喜ばれていますね。

患者様の期待度が高まると嬉しい反面、ときにプレッシャーに感じることもあります。でも頼りにされている証拠でもあるわけですから、ありがたいですよね。駅前という立地だからかもしれませんが、転勤・転居される方が多いのですが、その割に治療に来られる患者様は長いお付き合いの方が多く、みなさん熱心で、定期的に検診に来てくださるのですよ。

よくコミュニケーションのコツは?と聞かれるのですが、自分で言うのもなんですが、正直、あまり口は達者な方ではないと思います。強いてあげるなら、患者様の気持ちになるべく近づくように心掛ける事と患者様に失礼がないように接する事でしょうかね。患者様を尊重し、ありのままの姿で診療を行う事が、コミュニケーションのコツなのかもしれませんね。

プロフィール

プロフィール フーガ2矯正&ブライト歯科 院長
青柳 佳治 〔アオヤギ ヨシハル〕

■出身
東京都大田区

■学位
歯学博士

■認定医
日本矯正歯科学会認定医
日本成人矯正歯科学会認定医
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医
日本口腔衛生学会認定医(~2012年12月31日)

■経歴
神奈川県立希望ヶ丘高校卒業
鶴見大学歯学部卒業
歯科医師免許取得
現在に至るまで歯科診療に従事
鶴見大学歯学部大学院修了
歯学博士授与(専攻:予防歯科学)
神奈川歯科大学矯正科研修コース修了
矯正専門医院(指導医常勤)勤務
Tweed Course (USA) 修了
日本矯正歯科学会認定医取得
フーガ2矯正&ブライト歯科開設
矯正歯科に関する更生・育成医療機関に指定される
fuga歯列矯正研究所開設
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医取得
fuga審美歯科研究所開設
日本成人矯正歯科学会認定医取得
日本口腔衛生学会認定医取得(~2012年12月31日)
日本歯科医師会学術研修認定医取得


■所属団体
日本矯正歯科学会、日本成人矯正歯科学会、アメリカ矯正歯科医会(AAO)、世界矯正歯科医連盟(WFO)、Tweed Foundation(USA)、東京矯正歯科学会、日本顎咬合学会、日本歯科審美学会、日本アンチエイジング歯科学会、日本口蓋裂学会、日本顎変形症学会、日本口腔衛生学会、日本歯科医師会、神奈川県歯科医師会、横浜市歯科医師会、鶴見歯科医師会、神奈川県保険医協会、他

■提携団体
鶴見大学歯学部附属病院
済生会横浜市東部病院
LM総合法律事務所

関連ページリンク

当院の特徴
矯正歯科 / 院長の技術力矯正歯科 / 症例できるだけ抜歯しない矯正
見えない矯正装置小児の矯正治療と装置矯正中のむし歯・歯周病予防
矯正治療の期間・流れ矯正料金表

患者様の声 / 矯正治療を終えて
審美歯科 / 症例 / 費用予防歯科 / 症例 / 費用一般歯科・小児歯科

院長紹介・経歴
院内ツアーアクセス・診療時間ご来院される患者様へ医療費控除について

矯正・審美・予防に関するご質問
プライバシーポリシー求人情報

矯正歯科治療を矯正歯科に精通した院長自身が行うということ

矯正歯科治療を矯正歯科に精通した院長自身が行うということ

矯正歯科治療だけを行っている歯科医院は限られていますが、一般歯科治療だけでなく矯正治療も行っている歯科医院は決して珍しくありません。

こういった場合の多くは、矯正歯科医が非常勤(月1~2回、多くても週1~2回程度)で矯正の出張治療を行っています。 矯正日が決まっているため、一度にたくさんの患者様を診なくてはならず、そのため、一人の患者様にかける時間は少なくなる傾向にあり、また、矯正治療のための器具・器材の滅菌・消毒などもおろそかになりがちです。また、一度キャンセルすると次の予約は一ヶ月以降などということも珍しくないようです。

(実際にこういった不安や問題をかかえる患者様が当院に多く来院されることから、このコンテンツを載せることにしました。)

技術的に優秀な矯正歯科医であっても、これらの課題を克服することはなかなか難しいことで、それぞれの医院の院長と矯正歯科医とのコミュニケーションや院長の矯正歯科に対する理解度が重要なポイントになるようです。

また、院長自身が矯正治療を行なっている場合でも、不安や問題をかかえる患者様が当院に来院される事が少なくありません。 その多くは、前歯は何となく並んだけど出っ歯になって唇が閉じにくくなったとか、食べ物を噛み切れなくなったとか、すぐに戻ったとか、顎が痛くなったとか、頭痛がひどくなったとか、中には、矯正治療する前よりひどくなったとか、まったく治っていないと訴える患者様もいらっしゃいます。 矯正治療は、専門的な技術が必要な場合が多く、それなりの修練が必要です。 私自身は、"数回の矯正歯科治療の講習会を受けたくらいで、矯正歯科治療に精通する事は中々難しい"と認識しています。 当たり前の事ですが、矯正歯科治療に携わる者は、矯正歯科治療に精通していなければなりません。

(また、当院でも行っているマウスピース矯正ですが、こちらも注意が必要です。この装置は、しっかり使用しないと中途半端に歯が移動し、悪いながらも安定していた噛み合わせがずれて、思わぬ副作用が出ることがあります。そうなった場合のフォローができる、しっかりとした技術がある必要があります。一見、手軽にみえるマウスピース矯正ですが、慎重さが必要です。)

当院では、矯正歯科治療を日本矯正歯科学会認定医および日本成人矯正歯科学会認定医である矯正歯科に精通した院長自身が行っていますので、これらの課題を克服しています。どうぞ、ご安心ください。

"これらに関連した内容が、日刊ゲンダイの記事に掲載されていました!"

【"抜かずに"でトラブル急増 「子供の矯正」正しい歯科医選び】

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/158301

【子供の「歯の矯正」 受診前に確認すべき6つのポイント】

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/158332

また、"子どもの歯 矯正トラブル"と題して
H27年4月21日(火)、NHK総合"あさイチ"でも同様の内容が放映されました。

【矯正歯科】無料カウンセリングをおこなっています

無料カウンセリングをおこなっています無料カウンセリング
矯正ブログ患者様の声


トップへ » 院長紹介・経歴


コールバック予約