2014年2月10日 « トップへ » 2014年9月 2日

2014年2月19日

矯正用インプラント

インプラント矯正最近「矯正用インプラントを扱っていますか?」という質問を時々受けるようになりました。
当院では、矯正用インプラント(正式名称:歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療)を取り入れていますが、適応症を選んでいます。

矯正用インプラントは、歯を動かすための固定源として用いられる大変有効な装置で、通常のインプラントの手術と比較すれば簡易で、矯正治療後に撤去します。
以前は、矯正用インプラントに用いられる材料は、骨結合の材料として厚生労働省の認可を取得しているものの、矯正用に用いる場合には認可されていなかったのですが、現在は、矯正用インプラント(正式名称:歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療)として認可されています。
当院では、矯正用インプラントが認可されても、これまでと同様に、適応症を選びながら矯正用インプラントを応用する姿勢は崩しません。通常のインプラントの手術と比較すれば簡易とはいえ、骨の中に異物を埋入することには変わりなく、歯根を含めた周囲組織を傷つける可能性は残るわけですから、安易に矯正用インプラントを打ち込むような事もありません。

矯正用インプラントを用いなくてすむなら使用しないというのが、当院の基本姿勢です。
逆に、矯正用インプラントを用いると決めたなら、しっかりとした治療計画をたてるため、歯科用CTを含めた精査を行い、より確実に治療を進めていきます。(この場合、歯科用CTなどによる精査の費用もかかりません。)

また、当院では、成長期のお子様において、矯正用インプラントを用いなくとも成長を活かした矯正治療を行うことができ、逆に、矯正用インプラントを用いることによって成長の妨げになる可能性がある、あるいは、矯正用インプラントが脱離しやすいなどの理由から、矯正用インプラントを使用することは、原則ありません。

費用:
50,000円(税別)/1部位
35,000円(税別)/2部位目以降
歯科用CT精査:無料
脱落し、再度矯正用インプラントを使用する場合:無料


2014年2月10日 « トップへ » 2014年9月 2日


コールバック予約