2010年3月 6日 « トップへ » 2010年5月28日

2010年4月 9日

Q 目立たないタイプの矯正装置はどう違う?

A 原理や効果は同じ。症状によっては使用できない場合も。

歯に装着する矯正装置がいやで、外見上の理由から治療に二の足を踏む人もいますが、最近では、目立ちにくい装置も普及しています。

ポピュラーなマルチブラケットという装置は、歯の表側に装着し、従来の金属製のタイプだと非常に目立ってしまうため気にする人も多かったのですが、現在は、セラミック製やプラスチック製の透明あるいは白いタイプなど、目立ちにくいものが、むしろ主流になっています。ただし、セラミック製は硬すぎてかえって欠けやすい、プラスチック製は耐久性に劣るなどの難点もあります。

歯の裏側に装着する事で、外見上、他人に気づかれないタイプの装置もあります。原理や矯正効果の点では表側につける装置との差はありませんが、歯の裏側がみがきにくい、舌があたって発音しづらい場合がある、矯正期間が長め、費用が高額(通常治療の約2倍)といった短所がある他、症状によっては使用できないケースもあります。

なお、当院では裏側からの矯正治療は行っていません。

>>無料矯正カウンセリングへ

Q 成人後でも矯正はできるの?

歯並びが悪いことにコンプレックスを持っています。親戚の子どもが矯正治療を受けていますが、歯医者さんに治療は早い方がよいと言われたというのです。私はいまからでも治したいと思っていたのでがっかりしてしまいました。成人でも矯正はできるのでしょうか。

A 基本的にはいくつになっても可能です。

成人でも矯正歯科治療はできます。けれども、成人の場合、歯周病(歯槽膿漏)の問題が大きく関わってくる事があります。歯周病は、歯の周りの骨を溶かしてしまう病気で、この進行度が高い場合は、矯正治療は控えた方がよいでしょう。また、成長期と違って顎の発育が期待できませんので、上下の顎のバランスを整えるには、若干やりにくい部分があります。治療期間も子どもに比較すると多少長くなる傾向があります。

しかし、こういった点を考慮すれば、矯正治療は基本的にはいくつになっても可能なのです。最近では、国際化時代に対しての日本人の意識の高まり、健康面と審美面に対しての意識レベルの上昇、あまり目立たない装置の普及といったことから、成人の方も矯正治療を受ける事が多くなりました。40代、50代の患者様も徐々に増えています。しかし、慎重にならなければいけない点もあります。歯並びが気になる方は子どもでも大人でも、ぜひ矯正治療に精通した歯科医にご相談されることをお勧めします。


>>無料矯正カウンセリングへ

Q 矯正治療で歯並びをきれいにしたい。歯の審美性と機能性の両立は可能?

A 正しく治療すれば両立は十分可能。技術の確かな専門医を受診しましょう。

とても重要なご質問だと思います。確かに、せっかく歯並びがきれいになっても、噛む機能が損なわれてしまうのであれば、矯正治療の効果は台無しになってしまうでしょう。

矯正治療中は、一時的にですが、物を噛むのに苦労する事があります。特に矯正装置を入れてから1週間程度は、歯が移動するため、噛むと歯が浮いたような感じがして痛みを伴うこともあるでしょう。

そのようなときは、噛む前にあらかじめ食べ物をやわらかくしたり、小さくしたりして対処する事が可能です。また、歯並びは悪くても、それなりに安定していたものを矯正して動かすわけだから、治療前より多少かみづらいと感じる時期が出てくるかもしれません。そういった場合も、細かい技術を用いて、なるべく負担が軽くなるように調整することは可能ですから、過度に心配なさらないでください。

矯正治療においては、顔の骨格や軟組織との調和を図りつつ、あごにも負担をかけないように配慮しながら、歯を歯槽骨の中に無理なく並べ、さらに上下1本1本の歯をしっかり噛み合わせることを最終目的とします。したがって、正しい矯正治療が行われさえすれば、治療後の見た目の美しさ(審美性)と機能性はおのずから両立されてくるはずです。

しかしそうは言っても、歯科医院によっては、前歯の歯並びだけを取り繕い、歯の噛み合わせや機能性といったことを無視して治療が行われているケースがあるのも事実です。

そのような治療を行えば、咀嚼や他の機能まで損なわれてしまう可能性は非常に高くなると言わざるをえません。審美性と機能性を両立させるには、正しい矯正治療の技術に長けた専門歯科医の元で、治療を受けることをお勧めします。


>>無料矯正カウンセリングへ

Q 矯正って安全にできるの?

A 適度な矯正力を適切な方向に加えることによって、安全に治療できます。

歯とその周囲の骨(歯槽骨)との間には、歯根膜という線維に富んだ組織があります。歯に適度な矯正力を加え、歯根膜を圧迫すると、そこに骨を吸収する細胞が現れ、反対側の引っ張られる歯根膜には骨をつくる元になる細胞ができます。

そして、歯はゆっくりと動き出します。これは歯が、骨の中を通って萌出してくるのと同じメカニズムです。ですから、適度な矯正力を適切な方向に加える事で、歯を無理なく移動させる事が可能になり、安全に矯正治療を行う事ができるのです。

また、超弾力性形状記憶合金やバネを使用する事で、ごく弱い力で少しずつ歯を動かす事が可能ですので、はたから見て想像するほどの痛みや不快感はありません。

ただ、過度の矯正力が働いたり、矯正力の方向が適当でない場合、歯の根っこの部分が極端に吸収したり、歯肉の形態が著しく変化することあります。安全には矯正治療を行うには、やはり、しっかりとした矯正技術を持っている歯科医の元で治療を受ける事が重要と言えるでしょう。

>>無料矯正カウンセリングへ

上の前歯の並びだけが気になるのですが、部分的な矯正はできますか?

はい。当院では部分矯正も行っています。

とはいえ、部分矯正と言っても、問題がある歯のみに装置を付けて歯を動かすことはできません。全体の噛み合わせを考えて、装置をつける箇所を判断する必要があるからです。どの程度装置を付ける必要があるのか、治療期間にも個人差があることをご了承ください。

>>無料矯正カウンセリングへ

矯正歯科治療は何歳まで受けられますか?

矯正に年齢制限はありません。

歯周病のように歯がグラグラになっていない限り、何歳でも治療は可能です。ただし、悪い噛み合わせを何十年も放置していた結果、治療が難しくなる場合もありますので、できるだけ早く治療を開始することをお勧めいたします。

>>無料矯正カウンセリングへ

表側矯正と裏側矯正の違いは何ですか?

歯を動かすためのブラケットという装置を、歯の表側につけるか裏側につけるかの違いです。

治療中の見た目をどの程度求めるかによって、表か裏かをお選びいただけます。どちらを使っても、治療期間や仕上がりに大きな違いはありません。とはいえ、費用面は、裏側矯正の方が高いことの方が多いです。

以前は表側(唇側)矯正に使うブラケット素材が金属だったので、歯が見えた時にはギラッと装置が目立ちました。そのため、矯正歯科治療中の審美性を求められる方は裏側(舌側)に装置をつけるしかありませんでした。

しかし、ブラケットの開発は日々進化しており、現在では表側(唇側)矯正でも歯の色にそっくりで、変色もしないセラミックブラケットが主流となりました。しかし、やはり表側に装置が付くことにどうしても抵抗がある場合は裏側(舌側)矯正が有効です。

裏側からの矯正は、以前はしゃべりにくい、舌が痛い、食べ物が詰まる、歯磨きがしにくいなどの問題がありましたが、現在は装置の進化に伴い、ほとんど気にならないレベルになりました。また、むし歯になるリスクが1/4、むし歯の重症度が1/10というヨーロッパでの報告もあります。

治療期間や仕上がりは、表側と裏側の差ではなく治療前の噛み合わせの状態に左右されると考えられますので、見た目と費用のご希望に合わせて表か裏かを選択できます。

>>無料矯正カウンセリングへ

いまむし歯があります。一緒にむし歯の治療はできますか?

まずむし歯治療を行う必要がありますので、一般歯科医院をご紹介しています。またむし歯がみつかった場合、矯正装置を付ける前にむし歯を治療する必要があります。

当院は矯正専門の歯科医院であるため、むし歯治療は行っておりません。患者様のかかりつけの歯科医院あるいは、当院が信頼できる歯科医院をご紹介して治療していただきます。これは抜歯に関しても同様です。

当院でむし歯治療を行わない理由は、日々むし歯治療を行っている歯科医にお願いするほうが、患者様にとってメリットが大きいと考えているからです。

治療内容によって、その道のプロにお願いすることが、患者様にとって最善の治療法だと思います。内科の専門医が心臓外科手術を行わないことと同じだとイメージしていただければわかりやすいかと思います。

>>無料矯正カウンセリングへ


2010年3月 6日 « トップへ » 2010年5月28日


コールバック予約