2009年4月18日 « トップへ » 2010年4月 9日

2010年3月 6日

トータルフィーによるリーズナブルな料金設定

矯正治療では装置の調整のために、月に1~2回の通院が必要です。この際、多くの医院では調整料金として、平均3,000~5,000円前後の費用をいただいているのが一般的です。こうした料金体系の良い点もあるのですが、患者様にとってわかりづらく、結果的に費用が高額になってしまう事があり得るという欠点もあります。

そこで当院では、治療費総額を最初にお伝えするトータルフィー(総額制)システムを採用しています。治療費には、装置料・技術料・処置診察料、予防プログラム診断料、歯のクリーニング料、フッ素塗布料のすべてを含み、毎回の処置管理料はいただいておりません。

治療期間の長短に関わらず、費用は変動しませんので治療費が明確で、分割など支払計画が立てやすいのが特徴です。

また、欧米だけでなくお隣の韓国よりも市民権を得られているとは思えない矯正治療の現状に対して、矯正治療が少しでも手軽に、そして、少しでも広く普及してくれればという当院の願いから、トータルフィー自体を抑えめに設定してあります。

綺麗な歯並び、機能的な咬み合わせ、すっきりとした口元は、ある意味、一生の財産と言えるかも知れません。この財産を、どうぞ当院で手に入れて下さい。

<矯正治療に入る前までにかかる費用>

項目 イメージ 内容 費用(消費税が別途かかります。)
矯正
初診相談
初診相談 60分
初診ならびに矯正相談口腔内を診査し、矯正治療についての概要説明と相談をお受けします。
無料
矯正
精密検査
矯正精密検査 90分
口腔模型、顔面規格写真、口腔内写真、レントゲンオルソパントモグラム、正面および側面レントゲンセファログラム、手根骨レントゲンセファログラム(成長期の患者様のみ)などの項目が含まれます。
当院の精密検査料の料金には次の診断料も含まれております。
35,000円
症例によっては、矯正歯科用CTによる精査を行う事がありますが、上記の費用に含まれます。
矯正診断 矯正診断 40分
1500症例以上の治療実績をもつ、矯正歯科学会の認定医による適確な診断が行われます。矯正歯科治療を受ける上で診断の適否が最も重要です。
診断しだいで治療結果に大きな差がでてきますの御注意下さい。
上記に含まれます。

A<永久歯列期の矯正(大人の矯正)の費用>

項目 イメージ 内容 治療費(消費税が別途かかります。)
表側矯正
(マルチブラケット
矯正)
表側矯正
表側矯正
最もよく使われている矯正装置です。マルチブラケット装置で個々の歯の噛み合わせを調整します。通常、月に1~2回程度の治療で期間は約2年間です。装置には、目立ちにくい透明なもの(クリアブラケット)と金属性のものがあります。
※尚、当院では、裏側で全てをコントロールする矯正治療は取り付けや扱いが難しく、また、強い力を歯にかける傾向があり、強い痛みが伴い易いため行っていません。
550,000~750,000円
クリアブラケット
+50,000円
マウスピース矯正 マウスピース矯正 うすい透明のマウスピース型の矯正装置を使用します。見た目には、つけているのがほとんどわかりません。
マウスピース矯正の詳細はこちら
550,000~750,000円
表側矯正
+
マウスピース矯正
表側矯正+マウスピース矯正
表側矯正+マウスピース矯正
表側矯正(マルチブラケット矯正)とマウスピース矯正を併用した場合 700,000~1150,000円
クリアブラケット
+50,000円

B<お子様の矯正費用>

乳歯が残っている場合に行う矯正治療です。既に永久歯に生え変わっている場合は、
"A<永久歯列期の矯正の費用>"になります。

項目 イメージ 内容 治療費(消費税が別途かかります。)
予防矯正 予防矯正 乳歯と永久歯が混じっている場合の矯正治療です。顎の成長をコントロールしたり、前歯を整えたりする治療を行います。種々の状況に応じて、永久歯列になるまで定期観察を行います。
月1回~3ヶ月に1回程度のご来院が必要になります。この時期の治療には、様々な装置があるのですが、その中から精密検査の結果によって、患者様にとって最適な装置を使用します。むし歯になりにくくするため、主に取り外し式の装置を使用します。
早期から治療を開始することにより、予防矯正のみで矯正治療が完了する事もあります。
250,000~400,000円
最終矯正 最終矯正 予防矯正の後、永久歯の仕上げに行う矯正治療です。 "A<永久歯列期の矯正の費用>"
から既に頂いた予防矯正費用を差し引いた金額になります。

<保定費>

項目 イメージ 内容 治療費(消費税が別途かかります。)
保定 保定
保定
きれいな歯並びと噛み合わせを安定させるための治療を保定と呼び、保定装置(リテーナー)を装着します。 保定装置を装着する期間は1~2年位で、3~4ヶ月に1回程度のご来院が必要になります。最初の半年は食事を除いて一日中、半年以降は就寝時のみの使用になります。 50,000~100,000円

<処置および調整料>

項目 イメージ 内容 治療費(消費税が別途かかります。)
処置管理 処置管理 15~60分
月に1~2度程度の調整を行います。
無料
保定診察 保定診察 15~60分
矯正治療後、「後戻り」を防止するために、3ヶ月~半年毎に来院し、診察します。
無料

<その他>

項目 イメージ 内容 治療費(消費税が別途かかります。)
予防プログラム
診断
予防プログラム診断 唾液などを元にむし歯や歯周病のなりやすさを診断します。 無料
PMTC PMTC (プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)
プロによる、歯のクリーニング。歯ブラシで取れない歯石やコーヒー・ワイン・たばこのヤニ等の汚れを、専用の機器で取り除きます。
無料
フッ素塗布 フッ素塗布 歯質を強化し、むし歯になりにくくします。 無料
ホワイトワイヤー ホワイトワイヤー マルチブラケットに使用する銀色のワイヤーを白くする事が可能です。 1,500円/1本
矯正に必要な
抜歯を
行った場合
矯正に必要な抜歯を行った場合 当院では、非抜歯を目標に掲げていますが、場合によっては抜歯する場合もあります。 原則、矯正治療に必要な抜歯は口腔外科へ御依頼させて頂いております。(口腔外科にて費用のお支払いが必要となります。)
矯正用
インプラントを
使用した場合
矯正用インプラントを使用した場合 治療をスムーズに進めるために矯正用インプラントを使用する事があります。 50,000円/1部位
35,000円/2部位目以降
矯正歯科用CT精査:無料
脱落し、再度矯正用インプラントを使用する場合:無料

※家族控除制度:矯正治療費に対する家族割引制度(2人目以降、1人10万円まで)があります。

※当院では、他院にて、矯正治療を中断している患者様および以前に矯正治療を終えているが後戻りなどで再治療を希望している患者様に対して矯正治療費を考慮しています。

一度ご相談下さい。(他院にて、矯正治療中あるいは矯正経験済みと判断できる患者様に限ります。当院の治療費の80%位を目安としていますが、症例によって異なってきます。また、対応できない場合もございますので、あらかじめ御了承下さい。)

※別途装置料について
装置紛失時や患者様のお申し出による矯正再治療などの際は、誠に恐縮ですが、別途装置料を頂いております。


2009年4月18日 « トップへ » 2010年4月 9日