トップへ » 矯正治療 » 審美歯科 » コンポジットレジン治療とは?

コンポジットレジン治療とは?

歯を削ったあとプラスチックの白い詰め物(コンポジットレジン)を被せる治療法で、原則、保険診療で行っています。

比較的小さなむし歯や歯が一部欠けてしまったときの修復などに行い、歯をあまり削らずに治療でき、治療回数を減らす事ができます。

天然歯とほとんど同じ色調で詰めたあとも目立ちません。また以前に詰めた歯の黄ばみが気になるときにも適し、歯科治療では欠かせない治療のひとつになっています。

一方、金属に比べると素材が柔らかく、奥歯など噛み合わせが強い場合は崩れたり欠けたりすることもあります。さらに時間経過とともに変色し、とき再治療が必要な場合もあります。

症例紹介
症例紹介

症例紹介

<コンポジットレジン治療の特徴>
・コンポジットレジン治療の一番の長所は、保険適用であるために、保険外治療と比較して安価であることと、歯との接着に優れている事です。
・主に前歯に使用しますが、臼歯でも乳歯や永久歯の一部にはよく使用されます。
・神経を除去していない比較的小さなむし歯の充填に適用されます。
・セラミックと比較してしまうと、色の変色は激しく、磨耗しやすく、吸水性があるのであまり衛生的ではありません。


トップへ » 矯正治療 » 審美歯科 » コンポジットレジン治療とは?