トップへ » 患者様の声 / 矯正治療を終えて » 一般歯科・小児歯科

【一般歯科・小児歯科】治療が怖い・苦手という方へ

一般歯科・小児歯科

治療が怖いからといって、むし歯をそのまま放置している方はいませんか?どうぞ、ご安心ください。当院ではなるべく痛みが出ないように、最適な治療技術・治療装置をフルに活用。痛みをほとんど感じさせない治療を行っております。このページでは、当院の「痛みの少ない治療」についてご紹介いたします。

※当院では可及的に健康保険での治療を取り入れています。 通常の一般歯科治療であれば、健康保険のみの治療で十分対応できるよう努めています。無理に保険外診療を勧める事はありません。

当院のむし歯治療の考え方

むし歯治療多くの歯科医はむし歯の早期発見・早期治療の大切さを訴えています。むし歯は治療をすれば進行を食い止める事ができます。しかし治療回数が増えていくほど削る量が多くなり、歯も弱くなりがちです。

小さなむし歯であれば、感染部だけを削りすぐに最終的な修復物を詰める、あるいは歯型を取ってから次の回に最終的な修復物を装着しますので、治療回数は1~2回ですみます。

ところが、大きなむし歯になると、抜髄(神経を抜く治療)や根管治療が必要となり、神経や根管の処置に3回程度、さらに土台を入れるのに2回ほどかかります。治療回数が多くなるうえ、健康な歯に比べると歯の寿命が短くなり、状況によっては将来歯を抜く可能性も出てきます。これが"むし歯が大きくならないために、むし歯治療は早期発見、早期治療が重要"と言われるゆえんです。

しかしながら、進行しにくいむし歯や、再治療の可能性、あるいは乳歯の生え変わりなど、状況によっては早期治療が必ずしも最適とは言えないこともあります。そのため、同じ歯の治療でも歯科医ごとに判断が異なり、治療方針も違ってくるのです。これらが歯科治療を複雑にしている要因にもなっています。

当院では、これらのことを充分ふまえたうえで、一人ひとりの患者様に対してもっとも適切な治療を行うように心がけています。

当院が行っている「痛みの少ない治療」とは?

痛みの少ない治療「痛い治療は絶対にイヤ!」「治療中に痛みがあるから歯医者さんに行きたくない!」治療中の痛みを心配している方はいらっしゃいませんか?

当院では治療中の痛みに対する不安や苦痛を与えないために、治療前の麻酔注射や笑気吸入鎮静法を行っています。

できるだけリラックスした状態で治療を受けられるよう工夫していますので、痛みが気になる方でもご安心ください。

笑気吸入鎮静法によりリラックス状態で行う治療

笑気麻酔リラックス状態で行う治療当院では治療中の痛みや不安を和らげるために、強い緊張感をお持ちの方には、抜歯治療を中心に笑気吸入鎮静法を併用しています。

笑気吸入鎮静法は麻酔注射の前に使われます。治療前に笑気と酸素の混合ガスを吸引すると眠気を感じながら全身がほろ酔い状態になり、リラックスしていきます。この状態なると、麻酔注射時の恐怖や痛みをほとんど感じなくなります。強い鎮静効果があります。特にお子様や抜歯に効果があり、強い不安や緊張が和らぎます。

なお治療後は酸素を吸うとすぐに覚めますので、体への負担がありません。痛みに対し強い不安をお持ちの方は、遠慮せずにお申し付けください。

麻酔注射時の痛みを軽減するための工夫

麻酔注射時の痛みを軽減するための工夫麻酔注射を打つとき、あるいは麻酔液を注入するときの不快感から、麻酔注射を嫌がる方がいらっしゃいます。当院ではできるだけ痛くない注射を心がけ、麻酔注射を使うときは患者様に痛みを与えないよう、できる限り工夫を凝らしています。

まずは注射針です。注射針は太くなればなるほど針を刺したときの痛みが強くなります。当院では、最も細い針を使っていますので、針を刺したときの痛みはほとんどありません。また、注射液の温度と体温との差が大きいほど痛みを感じやすいので、注射液は体温に近い物を使用いています。

その次は、針を刺す位置です。最初はできるだけ痛みを感じない部分に針を刺し、麻酔薬を入れてしばらく待ちます。表層の粘膜が麻痺しはじめたころに、全体に薬を注入していきます。ゆっくりと薬を注入していきますので、違和感がありません。その他、症例に応じて粘膜にゲル状の表面麻酔を塗布しています。

このようにもっとも効果的な方法を取り入れながら、痛みの少ない治療を行っていますので、安心してお任せください。

麻酔が効きにくい場所には電動麻酔器を使用

電動麻酔器奥歯の大臼歯は麻酔が効きにくく、麻酔薬を一気に注入しなければなりません。そのため薬を注入するとき歯肉に圧力がかかり、他の部位に比べると強い痛みや違和感が伴います。

当院では大臼歯など麻酔が効きにくい場所には電動麻酔器を使用した麻酔注射を行います。コンピューター制御により一定の速度で麻酔液を注入していきますので、注射時の痛みがないか、あっても最小限になります。

関連ページリンク

当院の特徴
矯正歯科 / 院長の技術力矯正歯科 / 症例できるだけ抜歯しない矯正
見えない矯正装置小児の矯正治療と装置矯正中のむし歯・歯周病予防
矯正治療の期間・流れ矯正料金表

患者様の声 / 矯正治療を終えて
審美歯科 / 症例 / 費用予防歯科 / 症例 / 費用一般歯科・小児歯科

院長紹介・経歴
院内ツアーアクセス・診療時間ご来院される患者様へ医療費控除について

矯正・審美・予防に関するご質問
プライバシーポリシー求人情報

矯正歯科治療を矯正歯科に精通した院長自身が行うということ

矯正歯科治療を矯正歯科に精通した院長自身が行うということ

矯正歯科治療だけを行っている歯科医院は限られていますが、一般歯科治療だけでなく矯正治療も行っている歯科医院は決して珍しくありません。

こういった場合の多くは、矯正歯科医が非常勤(月1~2回、多くても週1~2回程度)で矯正の出張治療を行っています。 矯正日が決まっているため、一度にたくさんの患者様を診なくてはならず、そのため、一人の患者様にかける時間は少なくなる傾向にあり、また、矯正治療のための器具・器材の滅菌・消毒などもおろそかになりがちです。また、一度キャンセルすると次の予約は一ヶ月以降などということも珍しくないようです。

(実際にこういった不安や問題をかかえる患者様が当院に多く来院されることから、このコンテンツを載せることにしました。)

技術的に優秀な矯正歯科医であっても、これらの課題を克服することはなかなか難しいことで、それぞれの医院の院長と矯正歯科医とのコミュニケーションや院長の矯正歯科に対する理解度が重要なポイントになるようです。

また、院長自身が矯正治療を行なっている場合でも、不安や問題をかかえる患者様が当院に来院される事が少なくありません。 その多くは、前歯は何となく並んだけど出っ歯になって唇が閉じにくくなったとか、食べ物を噛み切れなくなったとか、すぐに戻ったとか、顎が痛くなったとか、頭痛がひどくなったとか、中には、矯正治療する前よりひどくなったとか、まったく治っていないと訴える患者様もいらっしゃいます。 矯正治療は、専門的な技術が必要な場合が多く、それなりの修練が必要です。 私自身は、"数回の矯正歯科治療の講習会を受けたくらいで、矯正歯科治療に精通する事は中々難しい"と認識しています。 当たり前の事ですが、矯正歯科治療に携わる者は、矯正歯科治療に精通していなければなりません。

(また、当院でも行っているマウスピース矯正ですが、こちらも注意が必要です。この装置は、しっかり使用しないと中途半端に歯が移動し、悪いながらも安定していた噛み合わせがずれて、思わぬ副作用が出ることがあります。そうなった場合のフォローができる、しっかりとした技術がある必要があります。一見、手軽にみえるマウスピース矯正ですが、慎重さが必要です。)

当院では、矯正歯科治療を日本矯正歯科学会認定医および日本成人矯正歯科学会認定医である矯正歯科に精通した院長自身が行っていますので、これらの課題を克服しています。どうぞ、ご安心ください。

"これらに関連した内容が、日刊ゲンダイの記事に掲載されていました!"

【"抜かずに"でトラブル急増 「子供の矯正」正しい歯科医選び】

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/158301

【子供の「歯の矯正」 受診前に確認すべき6つのポイント】

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/158332

また、"子どもの歯 矯正トラブル"と題して
H27年4月21日(火)、NHK総合"あさイチ"でも同様の内容が放映されました。

【矯正歯科】無料カウンセリングをおこなっています

無料カウンセリングをおこなっています無料カウンセリング
矯正ブログ患者様の声


トップへ » 患者様の声 / 矯正治療を終えて » 一般歯科・小児歯科


コールバック予約