トップへ » 患者様の声 / 矯正治療を終えて » 予防歯科 / 症例 / 費用

むし歯・歯周病になりにくい口内環境をつくる【予防歯科】

予防歯科

「予防歯科」は、痛くなってから治療するのではなく、普段から「お口の健康を維持する」という歯科スタイルです。一生ものの歯の健康を守るために、ぜひ定期的な検診・メインテナンスへお越しください。

このページでは当院が行っている予防歯科についてご紹介いたします。

当院が考える予防歯科とは?

予防歯科当院では予防歯科学的見地に立ち、すべての歯科疾患に対して一歩先を予測した治療を行っています。

みなさんもご存じだと思いますが、歯周病が原因となり心臓病や糖尿病などの全身疾患を引き起こします。最近ではむし歯や歯周病を治療する事で心臓病や糖尿病の症状を改善し、予防につながるとも言われています。

当院では、予防歯科の立場から、むし歯や歯周病の予防だけでなく、全身疾患を含めた"予防"として、ヘルスプロモーションにも力を入れていく必要があると考えています。

たとえば、粘着性のある唾液の人は歯周病になりやすく、唾液の緩衝能が高い人は酸性に傾いているためむし歯になりやすいという傾向があります。さらに食べ物や生活習慣、周囲の環境などもむし歯や歯周病に影響しています。

こういったすべての要因を考えながら、むし歯や歯周病の予防はもちろん、一歩先を予測した歯科治療を行う事が、患者様の大切な歯を守り、全身に関わるヘルスプロモーションのお手伝いにつながると考えています。これが、当院における予防歯科なのです。

プロが行うP.M.T.C.で歯周病やむし歯やを防ぐ

P.M.T.C."P.M.T.C."(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)は歯のプロフェッショナルである歯科衛生士、歯科医師が行う本格的な歯のクリーニングです。

専門の歯科器具を使って、歯ブラシの届きにくい所、汚れがたまりやすい部分を隅々までお掃除していきます。茶しぶやタバコのヤニなどの着色物まで取り除けるので、本来の白さを取り戻せます。

当院では歯石を取り除いたあとにP.M.T.C.を行いますのでプラーク(バイオフィルム)もきれいになり、歯周病やむし歯予防にも効果があります。

同時に詰め物・被せ物と歯肉の接地面が滑らかになり、歯面の凸凹も修復してくれます。仕上げにはエナメル質を修復する効果がある研磨剤「リナメル」を使用していますので、むし歯予防や治療にも一役かっています。

エナメル質を修復する研磨材「リナメル」

P.M.T.C.の仕上げには研磨剤「リナメル」を使用しています。これはナノ粒子ハイドロキシアパタイトを配合していますので、エナメル質を修復し歯の表面を滑らかにしてくれます。さらにプラークや飲食物の色素もつきにくくなるので、むし歯の予防や治療に役立っています。

治療の一環として行うP.M.T.C.

P.M.T.C.本来P.M.T.C.は保険診療外です。そのため自費診療になり、施術費用も数万円と高額です。当院では患者様の費用負担をできるだけ少なくするために、歯周病やむし歯などの治療の一環として歯石除去後にP.M.T.C.を行う場合は保険診療の範囲で行っています。なお審美目的など治療外でP.M.T.C.を希望されるときは自由診療とさせて頂きます。何卒ご理解頂ければ幸いです。

当院では、予防歯科を重視していますので、矯正治療中の患者様には、むし歯や歯周病を抑えるために、費用を頂かずに可能限り定期的にP.M.T.C.を行っています。

当院では、通常、1回目に口元から歯が見える部位(前歯中心)を、2回目に歯が見えない部位(奥歯中心)と歯質強化のためのフッ素塗布を一緒に行っています。1回目の費用は、1,000~4,000円位、2回目はフッ素塗布の費用に準じ、2,800円(税等を含む)がかかります。対象となるのは、大人(16歳以上)が基本で、年に2~3回、定期健診とあわせて行うことをお勧めしています。

(なお、P.M.T.C.自体は保険診療の適用ではありませんので、当院では、歯周病治療の一環(時には、むし歯治療の一環)として、歯石除去の後に、特にP.M.T.C.自体の費用というものは頂かずに、P.M.T.C.を行っているのが現状です。また、歯石除去自体の費用が細分化されている上に、P.M.T.C.を歯周病治療の一環(時には、むし歯治療の一環)として行っているので、別途レントゲン撮影、検査、指導、その他の処置も同時に行われる場合が少なくありません。

こういった事情から、1回目のP.M.T.C.の費用を確定するのが難しい事をご理解頂けたなら幸いです。さらに、保険治療には細かい取り決めや各種制限があったり、改定が随時あったりするため、上記費用はあくまでも目安であることを御了承ください。なお、歯肉の深い部分にある歯石の除去は、保険診療内で行い、この部位には器具が届きませんので、P.M.T.C.は行っていません。)

*保険外診療(自由診療)でP.M.T.C.を行った場合の費用は、全顎の簡単な歯石除去、フッ素塗布(希望時)等を含め12,500円(税等込み)を基本とさせて頂いています。この場合、1回で終えることができ、毎月でも毎週でも行えます。

当院では、P.M.T.C.(歯のクリーニング)をできるだけ保険診療の範囲で行っていますが、保険診療の規制が厳しくなっており、保険診療の範囲でP.M.T.C.を行う事が難しくなりつつあります。当院といたしましては、今後も患者様の負担を少なくするために、できるだけP.M.T.C.を保険診療の範囲で行いたいと考えていますが、保険外診療(自由診療)に変更せざるを得ない場合もあります。ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

P.M.T.C.でしか清掃できない所

P.M.T.C.でしか清掃できない所

P.M.T.C.でしか清掃できない所

年に3~4回のフッ素塗布で歯を守る

フッ素塗布当院ではフッ素の効果を最大限に発揮できるフッ素塗布を行っています。

まず歯の汚れのチェックと重点的なブラッシング指導を行います。その後、歯の表面の汚れや歯垢を丁寧に取り除いたあとにフッ素を塗布します。

一般的にフッ素はお子様に行うものと思われがちですが、当院ではお子様から大人まで、あらゆる世代の方に有効で、定期健診とあわせて行うことをお勧めしています。
お子様でしたら乳歯から永久歯に生えかわる時期(6歳~15歳)に塗布、大人でしたら詰め物や被せ物の周りのむし歯や歯肉が下がって露出した歯根面などに塗布すると効果があります。

フッ素の効果を充分に発揮するためには、日ごろの歯磨きが欠かせません。正しいブラッシングと糸ようじ(フロス)を併用しながら、むし歯のない健康な歯をつくりましょう。

当院での矯正治療中の患者様には、装置によるむし歯の危険性を最小限にするために、費用を頂かずに定期的にフッ素塗布を行っています。

フッ素塗布

フッ素塗布

【シーラント】初期のむし歯を防ぎ進行を食い止める

奥歯などの歯の表面にある中心の溝は、丁寧に歯を磨いたつもりでも歯ブラシがよくあたらずむし歯になりやすい場所です。これを予防するのにもっとも効果的な方法が「シーラント」で、原則、保険診療で行っています。

シーラントは歯の溝のうえにレジン(プラスチック)を詰めてむし歯を防ぐ方法で、初期のむし歯やむし歯になりそうな歯の溝に効果があります。

ただし磨耗や噛み合わせの状態によっては外れてしまうこともありますので、定期健診と併せて年に2~3回ご来院されることをお勧めしています。

シーラント

シーラント矢印シーラント

【予防プログラム診断】むし歯の原因を知り予防する

予防プログラム診断むし歯はミュータンス菌やラクトバチルス菌などの量、食生活、歯質の弱さなどが影響しています。しかし、すべての方が同じ原因でむし歯になるとは限りません。その人の口腔内の状態や生活習慣などにより異なります。これらの原因が分かれば、一人ひとりの患者様にあった「予防プログラム」がつくり、効果的なむし歯・歯周病予防が可能です。

当院では患者様の唾液を検査し、むし歯に対する抵抗力やむし歯の原因となるミュータンス菌やラクトバチルス菌の量を調べる"カリエスリスクテスト"を行っています。さらに、これらを分析しむし歯になる原因を明らかにしながら、その人にあったオリジナルの「予防プログラム」をおつくりします。

一人ひとりの患者様に合わせたオリジナル・プログラムですので、きちんと行って頂く事でプラークコントロールが可能です。当院の予防プログラムで、むし歯のない健康な歯をつくりましょう。

当院での矯正治療中の患者様には、むし歯や歯周病を抑えるために、費用を頂かずに予防プログラム診断を行っています。

カリエス(むし歯)リスクのレーダーチャート

カリエス(むし歯)リスクのレーダーチャート

それぞれの値が中心に集まるほどむし歯や歯周病になる危険度が高いといえます。
予防プログラムでは、この線が外側に来るように改善する目標と方法を立てます。

デンタルフロスについて

デンタルフロスは歯ブラシや歯間ブラシで清掃できない歯間の接触している部分の清掃に最適です。先進国では日常的な習慣になっており、むし歯や歯周病の予防や治療にかかせなくなっています。一日に一回以上フロスを使えるといいですね (就寝前が効果的。就寝時は唾液が減って細菌が繁殖しやすいため)。

フロスにも、色々な種類がありますが、奥歯の歯間の清掃がし易い、柄がついたタイプのものが当院のお薦めです。ウルトラフロス(ライオン歯科材株式会社製、残念ながら歯科医院専用で、市販されていません。)は挿入しやすく、水で洗浄することにより繰り返しの使用が可能です。

なお、フロスを勢いよく挿入、又は引き抜くと歯肉・口唇等を傷つける事があるので、操作をゆっくり行う事がポイントです。また、フロスが滑りにくかったり、すぐ切れたりする場合は、むし歯や不適合な歯科修復物などでその場所が鋭くなっている可能性が高いので、歯科医院で診査してもらう事をお薦めします。

関連ページリンク

当院の特徴
矯正歯科 / 院長の技術力矯正歯科 / 症例できるだけ抜歯しない矯正
見えない矯正装置小児の矯正治療と装置矯正中のむし歯・歯周病予防
矯正治療の期間・流れ矯正料金表

患者様の声 / 矯正治療を終えて
審美歯科 / 症例 / 費用予防歯科 / 症例 / 費用一般歯科・小児歯科

院長紹介・経歴
院内ツアーアクセス・診療時間ご来院される患者様へ医療費控除について

矯正・審美・予防に関するご質問
プライバシーポリシー求人情報

矯正歯科治療を矯正歯科に精通した院長自身が行うということ

矯正歯科治療を矯正歯科に精通した院長自身が行うということ

矯正歯科治療だけを行っている歯科医院は限られていますが、一般歯科治療だけでなく矯正治療も行っている歯科医院は決して珍しくありません。

こういった場合の多くは、矯正歯科医が非常勤(月1~2回、多くても週1~2回程度)で矯正の出張治療を行っています。 矯正日が決まっているため、一度にたくさんの患者様を診なくてはならず、そのため、一人の患者様にかける時間は少なくなる傾向にあり、また、矯正治療のための器具・器材の滅菌・消毒などもおろそかになりがちです。また、一度キャンセルすると次の予約は一ヶ月以降などということも珍しくないようです。

(実際にこういった不安や問題をかかえる患者様が当院に多く来院されることから、このコンテンツを載せることにしました。)

技術的に優秀な矯正歯科医であっても、これらの課題を克服することはなかなか難しいことで、それぞれの医院の院長と矯正歯科医とのコミュニケーションや院長の矯正歯科に対する理解度が重要なポイントになるようです。

また、院長自身が矯正治療を行なっている場合でも、不安や問題をかかえる患者様が当院に来院される事が少なくありません。 その多くは、前歯は何となく並んだけど出っ歯になって唇が閉じにくくなったとか、食べ物を噛み切れなくなったとか、すぐに戻ったとか、顎が痛くなったとか、頭痛がひどくなったとか、中には、矯正治療する前よりひどくなったとか、まったく治っていないと訴える患者様もいらっしゃいます。 矯正治療は、専門的な技術が必要な場合が多く、それなりの修練が必要です。 私自身は、"数回の矯正歯科治療の講習会を受けたくらいで、矯正歯科治療に精通する事は中々難しい"と認識しています。 当たり前の事ですが、矯正歯科治療に携わる者は、矯正歯科治療に精通していなければなりません。

(また、当院でも行っているマウスピース矯正ですが、こちらも注意が必要です。この装置は、しっかり使用しないと中途半端に歯が移動し、悪いながらも安定していた噛み合わせがずれて、思わぬ副作用が出ることがあります。そうなった場合のフォローができる、しっかりとした技術がある必要があります。一見、手軽にみえるマウスピース矯正ですが、慎重さが必要です。)

当院では、矯正歯科治療を日本矯正歯科学会認定医および日本成人矯正歯科学会認定医である矯正歯科に精通した院長自身が行っていますので、これらの課題を克服しています。どうぞ、ご安心ください。

"これらに関連した内容が、日刊ゲンダイの記事に掲載されていました!"

【"抜かずに"でトラブル急増 「子供の矯正」正しい歯科医選び】

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/158301

【子供の「歯の矯正」 受診前に確認すべき6つのポイント】

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/158332

また、"子どもの歯 矯正トラブル"と題して
H27年4月21日(火)、NHK総合"あさイチ"でも同様の内容が放映されました。

【矯正歯科】無料カウンセリングをおこなっています

無料カウンセリングをおこなっています無料カウンセリング
矯正ブログ患者様の声


トップへ » 患者様の声 / 矯正治療を終えて » 予防歯科 / 症例 / 費用


コールバック予約