トップへ » はじめに » 矯正歯科用CT&3Dプリンター » 矯正歯科用CT&3Dプリンター

矯正歯科用CT&3Dプリンター

矯正歯科用CT
CT
病院では、よく "CT" を撮って診ましょうという言い方をすると思います。
それくらい医科では普及していますで、ご存知の方も多いとは思いますが、"CT" とは、Computed Tomographyの略語で、X線コンピューター 断層撮影装置のことです。
一番の特長は、一般的な平面だけの情報でなく、立体での情報を得ることができ、診たいところを自由にスライスできることです。
要は、入手できる情報量が格段に増えるという事になります。
さらに、歯科用のCTは限局的なX線を応用することにより、医科用に比較して格段に放射線被爆量を減らすことに成功しており、当院のCTもこのタイプのものを装備しました。

当院では一般的なインプラント治療を行なっていないため、当院のCTは、矯正検査でよく用いられるセファロ撮影と併せて、とくに矯正歯科に特化して使用しています。
具体的には、

矯正の精密検査の補助、矯正用インプラントの植立、顎関節症の精査、埋伏歯の精査などで活躍してくれています。

近年、小児の永久歯交換時期における永久歯の埋伏を認められ方が多くなっており、矯正検査をして初めてこのことを認識できることが少なくなくありません。こんな時にも当院のCTが矯正歯科治療の方向性をサポートしてくれています。

また、矯正治療費を考慮し、矯正検査および矯正治療におけるCT精査を行った場合でも、追加費用はかかりません。

CT
矯正歯科用CTによるデジタル画像


3Dプリンター
3Dプリンター
"3Dプリンター" も、最近ちまたでよく聞くことが多いかと思いますが、CTなどの立体情報を元に、実際に樹脂で模型を作製する立体造形機です。
こちらも、非常にインパクトのある機器といえると思います。手術の時などの、シミュレーションなどで大変役に立ちます。


また、当院では、CT以外のレントゲン装置もデジタル化しており、放射線量の低被爆化を実現しています。

3Dプリンター
矯正歯科用CTと3Dプリンターで作製した立体模型

トップへ » はじめに » 矯正歯科用CT&3Dプリンター » 矯正歯科用CT&3Dプリンター


コールバック予約