トップへ » はじめに » 矯正治療の期間・流れ » 矯正治療の流れ

矯正治療の流れ

(1)初診予約
初診予約矯正治療を行っている歯科医院に電話等で初診の予約を入れるのが一般的です。矯正治療は、医師の技術によるところが大きいだけに、医院選びは重要。当院では院長が、日本矯正歯科学会認定医、日本成人矯正歯科学会認定医の資格を取得していますので、安心して矯正治療を行う事ができます。

(2)初診・相談
初診・相談矯正歯科医による診察を行います。患者様は気になることや疑問点を質問してください。診察にもとづいて大まかな治療の方向性が示されます。疑問や不安など気になる点は些細な事でも積極的に質問する事が大切。

※矯正相談を受け付けています(子どもから大人まで/無料・要予約)当院で一般歯科の治療を行っている患者様はもちろん、初めての患者様でも、お気軽にご相談ください(矯正相談に関しては、概要、治療の流れ、使用する装置、費用等をCD-ROMを用いながらご説明することもございます)。

(3)精密検査
精密検査診断と治療に不可欠な個別の診断情報を得ます。確定診断と治療計画(期間・使用する装置・費用等)決定のための詳しい検査をします。歯や顔・顎などの写真およびX線写真を撮る、歯型を取る、歯や歯肉の状態を調べるなどして、様々な資料を収集します。

(4)治療計画の詳細・説明
治療計画の詳細・説明コンピューター診断などの検査結果にもとづき、具体的な治療の進め方・費用などが示されます。精密検査の結果を元に、具体的な治療方法、期間とその支払方法などが説明されます。ここでも疑問点があれば遠慮なく質問を。

※むし歯や歯周病などが見つかった場合、そちらの治療を優先して行う事があります。

(5)矯正治療開始
動的治療の開始ですが、治療時期により内容が変わってきます。

Ⅰ 予防矯正(乳歯と永久歯が混在している混合歯列:およそ7~11歳まで)
顎の成長をコントロールしたり、前歯を整えたりする治療を行います。種々の状況に応じて、永久歯列になるまで定期観察を行います。月1回~3ヶ月に1回程度のご来院が必要になります。この時期の治療には、様々な装置があるのですが、その中から精密検査の結果によって、患者様にとって最適な装置を使用します。

Ⅱ 最終矯正(永久歯列:およそ12歳以降)
マルチブラケット装置で個々の歯の噛み合わせを調整します。通常、月に1~2回程度の治療で期間は約2年間です。装置には、目立ちにくい透明なもの(クリアブラケット)もあります。また、ブラケットを使わない"クリアライナー"を使用することもあります(当院はクリアライナー認定矯正歯科医院です)。

*治療開始時期は、装置使用が可能であれば、あらゆる点で早い時期の方が有利な事が多いのですが、一概に言えない所もあります。
*具体的には、
早くから矯正治療を開始するメリットとして、永久歯を抜かずに矯正治療を行える可能性が高くなること、成長を利用し上下左右の顎のバランスをより良く整えられる可能性が高くなり、顎を切って行う矯正治療(外科矯正)を防ぐことができること、予防矯正だけで矯正治療を完了できる可能性があること、等が挙げられます。
逆にデメリットとしては、多くの場合、トータルの治療期間が長くなる傾向にあることが挙げられます。

矯正治療開始

(6)保定開始
きれいな歯並びと噛み合わせを安定させるための治療を保定と呼び、下図の様なリテーナーを装着します。リテーナーを装着する保定期間は1~2年位で、3~4ヶ月に1回程度のご来院が必要になります。最初の半年は食事を除いて一日中、半年以降は就寝時のみの使用になります。

保定開始

(7)治療の完了
精密検査保定期間をへて歯並びが安定したら治療完了です。

矯正治療を行うにあたって、大切なのは"決断"です。矯正治療は決して楽ではありません。しかし、美しい口もとで微笑んでいる方が増えているのも事実です。矯正は、お口全体の治療で、一生に一回だけです。費用は決して安いとは言えませんが、その価値は高いのではないでしょうか!

※矯正治療中は、矯正装置(特に固定式装置)のまわりに歯垢などの汚れが付着しやすいため、むし歯や歯周病の危険性が増加します。当院では、これらに対応するため、予防プログラム診断、フッ素塗布、歯のクリーニングを定期的に行っており、また、これらに関して、特に費用を頂いておりません。

※家族控除制度 :矯正治療費に対する家族割引制度(2人目以降、1人10万円まで)があります。


トップへ » はじめに » 矯正治療の期間・流れ » 矯正治療の流れ


コールバック予約