トップへ » はじめに » 矯正治療中のむし歯・歯周病予防 » 【矯正中のむし歯・歯周病を防ぐ(1)】調整時にデンタルフロスでチェック

【矯正中のむし歯・歯周病を防ぐ(1)】調整時にデンタルフロスでチェック

矯正中のむし歯・歯周病を防ぐ隣接面う触(隣り合っている歯にできるむし歯)の怖さは、小さなむし歯にみえても実は歯の内側深くまで感染している事がある事です。そのため気がついたときには、神経まで達していて、かなり大きなむし歯になっている事もあります。

隣接面う触を防ぐためには早期発見が重要ですが、確認が難しい場所だけに発見が遅れてしまいがちです。

当院では矯正治療中のむし歯の早期発見・予防のために、デンタルフロスを使ったむし歯チェックを行っています。歯に異常があるとデンタルフロスがひっかかりますので、場合によってはレントゲン等で確認し、その歯の状態に合わせた処置または定期観察を行います。(必ず削るという訳ではありません。)

歯と歯が密着している部分に小さいむし歯が元々あった、あるいはできてしまった場合には、抜歯症例に対して、矯正治療で歯を動かしている途中に隙間ができてきたときに治療を行います。この場合、多くの場合、噛む面からでなく、歯の側面から最小限の形成で、歯と同色のコンポジットレジンと言われる強化型のプラスチックを詰めて治療を完了させる事ができます。

非抜歯症例などでは、むし歯治療を行える程隙間ができる事は少ないので、この場合は、応急的な修復物や詰め物で治療を行い、矯正治療後に最終的な治療を行う事が多くなります。応急的な詰め物だけでも行わないと、むし歯は進行してしまいます。また、矯正治療終了後の方が噛み合わせが良くなっているので、材料を問わず、本来の歯と同じ様な形態、あるいは、理想的な形態の修復物を装着しやすくなります。

一方、かなり大きいむし歯の場合は、一般的に歯の神経(歯髄)をとる治療が行われる可能性が高く、歯が脆くなり、寿命が短くなりやすいのですが、矯正治療中に神経を保護するお薬を詰めておけば、神経(歯髄)の表層部分に修復象牙質と呼ばれるものが少しずつ形成され、神経をとらずにすむという事もあります。

一般歯科も行っている当院だからこそ、ほとんどの場合、途中で中断させることなく最後まで矯正治療が行う事ができます。


トップへ » はじめに » 矯正治療中のむし歯・歯周病予防 » 【矯正中のむし歯・歯周病を防ぐ(1)】調整時にデンタルフロスでチェック


コールバック予約