トップへ » はじめに » 矯正歯科 / 症例 » 叢生(乱ぐい歯・八重歯)

叢生(乱ぐい歯・八重歯)

歯の並びが不規則で前後左右にでこぼこしている。

歯並びが整うための重要な条件として、あごの大きさ、歯列のアーチ全体の大きさ、この両方のバランスが取られていることが挙げられます。

歯列がでこぼこと波打っている状態の叢生(そうせい)は、あごの大きさが十分でなく、このバランスが取れていない場合に起こりがちです。

電車で7人がけの座席に無理に8人も9人も座ろうとする場合を考えてみてください。当然、スペース的には窮屈で、座席に深く腰掛ける人と浅くしか腰掛けられない人という具合に、互い違いにでこぼこ状態で座らざるをえません。これと同じ現象が歯でも起こるわけです。

こうしたでこぼこを解消するには、あご(=座席)を大きくするか、抜歯して歯(=乗客)の数を減らすか、本人の年齢や歯並びの状態など個別の条件を勘案したうえで、いずれかの方法を選択することになります。写真の症例では、第一小臼歯を抜歯することによって、残りの歯がきれいに並べるだけのスペースを確保したうえで、矯正治療を行っています。

叢生+上顎前突+過蓋咬合の抜歯症例
歯並びがでこぼことしてガムラインもかなり乱れた典型的な叢生。それと同時に、上顎前突と過蓋咬合の状態をも伴った三重の不正咬合。噛み合わせにもかなりの不都合が生じているはず。

症例紹介

第一小臼歯を抜いてスペースをつくり、歯を移動、乱れた歯並びがきれいになりました。

症例紹介

1. 叢生と合わせて上顎前突、過蓋咬合も矯正
2. 目立っていた歯と歯の間のすき間も解消
3. アーチ全体もきれいな孤を描いて見える
4. 互い違いだった前歯の並びが整然としている

症例紹介

5. 治療前と比べ、カメラに向かう表情も自然と明るく
6. 笑顔の口元がより自然に、きれいな歯並びがのぞく
7. 横から見た口元の美しさにも歴然とした差が表れた
 


トップへ » はじめに » 矯正歯科 / 症例 » 叢生(乱ぐい歯・八重歯)


コールバック予約