トップへ » はじめに » 矯正歯科 / 症例 » 開咬(オープンバイト)と交叉咬合

開咬(オープンバイト)と交叉咬合

上下の前歯が噛み合わず、すき間が生じている(開咬)
上下の歯の噛み合わせが左右にずれている(交叉咬合)

奥歯を噛み合わせたときに前歯の上と下が接触せず、すき間ができてしまっている状態の開咬(オープンバイト)。それに加え、上の歯と下の歯の噛み合わせが左右方向にずれている交叉咬合(顎偏位)にもなっている。

噛み合わせ時に奥歯が先にあたってそれ以上閉じられず、上下の前歯が接触せずにすき間が生じている状態が開咬(オープンバイト)です。

噛むとき奥歯だけに負担がかかり、前歯で噛み切るという機能が使えないので、外見的な面だけでなく、それ以上に歯や顎への負担、咀嚼能力という面で問題を抱えてしまいます。また、すき間ができていることで発音がうまくいかなかったりします。

遺伝的な顎の形が原因となることもありますが、舌や唇、ほおの筋肉のバランスが悪いことや、指しゃぶりや舌を突き出すクセなどが影響して、幼児期から少しずつ顎の骨の変形や歯の移動が起こり、時間をかけて次第に形成される場合が多いようです。

指しゃぶりや舌のくせがある場合には、適切な装置を用いてなるべく早期にそれらの影響をなくし、成長期間中は、必要に応じて上下の顎の成長を管理しながら、正しい噛み合わせにします。成長の終了後に、装置をつけて永久歯による最終的な正しい歯並びと噛み合わせを獲得します。

開咬+交叉咬合の症例
奥歯を噛み合わせたときに前歯の上と下が接触せず、すき間ができてしまっている状態の開咬(オープンバイト)。それに加え、上の歯と下の歯の噛み合わせが左右方向にずれている交叉咬合(顎偏位)にもなっている。

症例紹介

上と下の前歯が接触してきちんと噛み合い、治療前のすき間がなくなった。

症例紹介

1. 横から見ても目立っていたすき間が解消した
2. 上1本に対し下2本の望ましい噛み合わせに
3. 上の歯と同様、左右のずれが解消されている
4. いびつな歯列アーチが左右対称的になった

症例紹介

5. 真一文字だった唇の両端がアップし自然な美しさに
6. 左右のねじれが解消され自然な口元の笑顔が実現
7. エステティックラインは従来からの美しさをキープ



トップへ » はじめに » 矯正歯科 / 症例 » 開咬(オープンバイト)と交叉咬合


コールバック予約