トップへ » はじめに » 矯正治療の期間・流れ

矯正治療の期間・流れ

矯正治療の期間・流れ

矯正治療を行うにあたって大切なのは"決断"です。矯正治療は決して楽ではありません。しかし、美しい口もとで微笑んでいる方が増えているのも事実です。

矯正治療中は、矯正装置(特に固定式装置)の回りに歯垢などの汚れが付着しやすく、むし歯や歯周病の危険性が増加します。当院ではこれらに対応するため、予防プログラム診断、フッ素塗布、歯のクリーニングに関しては特に費用を頂いておりません。

このページでは矯正治療の期間・流れについてご説明します。

治療期間の目安は2年間 ※中学生以上(永久歯列期)の場合

治療期間の目安は2年間当院では、歯を実際に動かしている矯正の動的治療期間は約2年間を目安にしています。2年という期間は長く感じられますが、歯を動かすにはそれ相応の時間が必要です。無理をして急いで動かそうとすると歯槽骨と歯根に負担がかかり、歯の寿命を縮めてしまいますので、歯を守るために適度なスピードで動かしていきます。矯正装置が外れると保定期間に入ります。保定期間は、通常1年から2年で、これで矯正治療は終わります。

※近年、矯正の動的治療期間を短縮できるとされている「デーモンシステム」といわれる装置が登場しました。

当院では、「デーモンシステム」は採用していませんが、ワイヤーとブラケットの装置の接続の仕方など様々な治療方法の応用により、デーモンシステムと同等のローフリクション効果(ワイヤーとブラケット装置の摩擦が小さいこと)を実現し、治療期間を短縮させています。

ケースバイケースですが、1年以内に終了することもあります。逆に、デーモンシステムでは、ワイヤーとブラケット装置の摩擦を大きくして矯正治療をしたいときは、不利になる傾向にあります。

ちなみに、矯正治療は、ある種職人技のような所があるため、当院では、どちらかといえば、新しい装置や方法には慎重な姿勢をとっています。もちろん、積極的に学会や研修会や勉強会に参加したり、あるいは、インターネットや書籍なので最新情報をとりいれたりはしていますが、実際に取り入れるかどうかは別の次元です。それは、使い慣れた優れた装置で確実な治療効果を挙げるという事がとても重要だと考えているからです。当たり前の事ですが、患者様は実験台ではありません。

矯正治療の流れ

(1)初診予約
初診予約矯正治療を行っている歯科医院に電話等で初診の予約を入れるのが一般的です。矯正治療は、医師の技術によるところが大きいだけに、医院選びは重要。当院では院長が、日本矯正歯科学会認定医、日本成人矯正歯科学会認定医の資格を取得していますので、安心して矯正治療を行う事ができます。

(2)初診・相談
初診・相談矯正歯科医による診察を行います。患者様は気になることや疑問点を質問してください。診察にもとづいて大まかな治療の方向性が示されます。疑問や不安など気になる点は些細な事でも積極的に質問する事が大切。

※矯正相談を受け付けています(子どもから大人まで/無料・要予約)当院で一般歯科の治療を行っている患者様はもちろん、初めての患者様でも、お気軽にご相談ください(矯正相談に関しては、概要、治療の流れ、使用する装置、費用等をCD-ROMを用いながらご説明することもございます)。

(3)精密検査
精密検査診断と治療に不可欠な個別の診断情報を得ます。確定診断と治療計画(期間・使用する装置・費用等)決定のための詳しい検査をします。歯や顔・顎などの写真およびX線写真を撮る、歯型を取る、歯や歯肉の状態を調べるなどして、様々な資料を収集します。

(4)治療計画の詳細・説明
治療計画の詳細・説明コンピューター診断などの検査結果にもとづき、具体的な治療の進め方・費用などが示されます。精密検査の結果を元に、具体的な治療方法、期間とその支払方法などが説明されます。ここでも疑問点があれば遠慮なく質問を。

※むし歯や歯周病などが見つかった場合、そちらの治療を優先して行う事があります。

(5)矯正治療開始
動的治療の開始ですが、治療時期により内容が変わってきます。

Ⅰ 予防矯正(乳歯と永久歯が混在している混合歯列:およそ7~11歳まで)
顎の成長をコントロールしたり、前歯を整えたりする治療を行います。種々の状況に応じて、永久歯列になるまで定期観察を行います。月1回~3ヶ月に1回程度のご来院が必要になります。この時期の治療には、様々な装置があるのですが、その中から精密検査の結果によって、患者様にとって最適な装置を使用します。

Ⅱ 最終矯正(永久歯列:およそ12歳以降)
マルチブラケット装置で個々の歯の噛み合わせを調整します。通常、月に1~2回程度の治療で期間は約2年間です。装置には、目立ちにくい透明なもの(クリアブラケット)もあります。また、ブラケットを使わない"クリアライナー"を使用することもあります(当院はクリアライナー認定矯正歯科医院です)。

*治療開始時期は、装置使用が可能であれば、あらゆる点で早い時期の方が有利な事が多いのですが、一概に言えない所もあります。
*具体的には、
早くから矯正治療を開始するメリットとして、永久歯を抜かずに矯正治療を行える可能性が高くなること、成長を利用し上下左右の顎のバランスをより良く整えられる可能性が高くなり、顎を切って行う矯正治療(外科矯正)を防ぐことができること、予防矯正だけで矯正治療を完了できる可能性があること、等が挙げられます。
逆にデメリットとしては、多くの場合、トータルの治療期間が長くなる傾向にあることが挙げられます。

矯正治療開始

(6)保定開始
きれいな歯並びと噛み合わせを安定させるための治療を保定と呼び、下図の様なリテーナーを装着します。リテーナーを装着する保定期間は1~2年位で、3~4ヶ月に1回程度のご来院が必要になります。最初の半年は食事を除いて一日中、半年以降は就寝時のみの使用になります。

保定開始

(7)治療の完了
精密検査保定期間をへて歯並びが安定したら治療完了です。

矯正治療を行うにあたって、大切なのは"決断"です。矯正治療は決して楽ではありません。しかし、美しい口もとで微笑んでいる方が増えているのも事実です。矯正は、お口全体の治療で、一生に一回だけです。費用は決して安いとは言えませんが、その価値は高いのではないでしょうか!

※矯正治療中は、矯正装置(特に固定式装置)のまわりに歯垢などの汚れが付着しやすいため、むし歯や歯周病の危険性が増加します。当院では、これらに対応するため、予防プログラム診断、フッ素塗布、歯のクリーニングを定期的に行っており、また、これらに関して、特に費用を頂いておりません。

※家族控除制度 :矯正治療費に対する家族割引制度(2人目以降、1人10万円まで)があります。

無料矯正相談(要予約)

無料矯正相談(要予約)当院の院長は日本矯正歯科学会認定医、日本成人矯正歯科学会認定医ですので、矯正専門医による本格的な矯正相談が無料で受けられます。矯正治療の概要・治療の流れ・使用する装置・費用等をCD-ROM等を用いながらご説明いたします。一般歯科の治療を受けている患者様から初めての患者様まで、関心のある方はどなたでもお気軽にご相談ください。

関連ページリンク

当院の特徴
矯正歯科 / 院長の技術力矯正歯科 / 症例できるだけ抜歯しない矯正
見えない矯正装置小児の矯正治療と装置矯正中のむし歯・歯周病予防
矯正治療の期間・流れ矯正料金表

患者様の声 / 矯正治療を終えて
審美歯科 / 症例 / 費用予防歯科 / 症例 / 費用一般歯科・小児歯科

院長紹介・経歴
院内ツアーアクセス・診療時間ご来院される患者様へ医療費控除について

矯正・審美・予防に関するご質問
プライバシーポリシー求人情報

矯正歯科治療を矯正歯科に精通した院長自身が行うということ

矯正歯科治療を矯正歯科に精通した院長自身が行うということ

矯正歯科治療だけを行っている歯科医院は限られていますが、一般歯科治療だけでなく矯正治療も行っている歯科医院は決して珍しくありません。

こういった場合の多くは、矯正歯科医が非常勤(月1~2回、多くても週1~2回程度)で矯正の出張治療を行っています。 矯正日が決まっているため、一度にたくさんの患者様を診なくてはならず、そのため、一人の患者様にかける時間は少なくなる傾向にあり、また、矯正治療のための器具・器材の滅菌・消毒などもおろそかになりがちです。また、一度キャンセルすると次の予約は一ヶ月以降などということも珍しくないようです。

(実際にこういった不安や問題をかかえる患者様が当院に多く来院されることから、このコンテンツを載せることにしました。)

技術的に優秀な矯正歯科医であっても、これらの課題を克服することはなかなか難しいことで、それぞれの医院の院長と矯正歯科医とのコミュニケーションや院長の矯正歯科に対する理解度が重要なポイントになるようです。

また、院長自身が矯正治療を行なっている場合でも、不安や問題をかかえる患者様が当院に来院される事が少なくありません。 その多くは、前歯は何となく並んだけど出っ歯になって唇が閉じにくくなったとか、食べ物を噛み切れなくなったとか、すぐに戻ったとか、顎が痛くなったとか、頭痛がひどくなったとか、中には、矯正治療する前よりひどくなったとか、まったく治っていないと訴える患者様もいらっしゃいます。 矯正治療は、専門的な技術が必要な場合が多く、それなりの修練が必要です。 私自身は、"数回の矯正歯科治療の講習会を受けたくらいで、矯正歯科治療に精通する事は中々難しい"と認識しています。 当たり前の事ですが、矯正歯科治療に携わる者は、矯正歯科治療に精通していなければなりません。

(また、当院でも行っているマウスピース矯正ですが、こちらも注意が必要です。この装置は、しっかり使用しないと中途半端に歯が移動し、悪いながらも安定していた噛み合わせがずれて、思わぬ副作用が出ることがあります。そうなった場合のフォローができる、しっかりとした技術がある必要があります。一見、手軽にみえるマウスピース矯正ですが、慎重さが必要です。)

当院では、矯正歯科治療を日本矯正歯科学会認定医および日本成人矯正歯科学会認定医である矯正歯科に精通した院長自身が行っていますので、これらの課題を克服しています。どうぞ、ご安心ください。

"これらに関連した内容が、日刊ゲンダイの記事に掲載されていました!"

【"抜かずに"でトラブル急増 「子供の矯正」正しい歯科医選び】

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/158301

【子供の「歯の矯正」 受診前に確認すべき6つのポイント】

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/158332

また、"子どもの歯 矯正トラブル"と題して
H27年4月21日(火)、NHK総合"あさイチ"でも同様の内容が放映されました。

【矯正歯科】無料カウンセリングをおこなっています

無料カウンセリングをおこなっています無料カウンセリング
矯正ブログ患者様の声


トップへ » はじめに » 矯正治療の期間・流れ


コールバック予約