トップへ » はじめに » 矯正治療中のむし歯・歯周病予防

矯正中のむし歯・歯周病予防について

矯正中のむし歯・歯周病予防について

矯正治療中のむし歯は誰もが心配することのひとつです。

むし歯ができてしまうとむし歯治療をするために、矯正治療を一時中断しなければなりません。そうなるとせっかく動いた歯がまた元の状態に戻ってしまい、いままでの治療が無駄になってしまいます。

矯正治療中に最大の敵はむし歯であるといっても、決して言い過ぎではないと思います。特に歯と歯が隣あっている部分はむし歯になりやすく(隣接面う触)、優秀な歯科医でも見落としてしまいがちです。

当院では限られた時間の中で確実な矯正治療を行うために、矯正治療中のむし歯予防に力を入れています。矯正治療中のむし歯治療は矯正専門医ではなかなか行ないませんが、一般歯科も行っている当院ならではの強みといえます。

【矯正中のむし歯・歯周病を防ぐ(1)】調整時にデンタルフロスでチェック

矯正中のむし歯・歯周病を防ぐ隣接面う触(隣り合っている歯にできるむし歯)の怖さは、小さなむし歯にみえても実は歯の内側深くまで感染している事がある事です。そのため気がついたときには、神経まで達していて、かなり大きなむし歯になっている事もあります。

隣接面う触を防ぐためには早期発見が重要ですが、確認が難しい場所だけに発見が遅れてしまいがちです。

当院では矯正治療中のむし歯の早期発見・予防のために、デンタルフロスを使ったむし歯チェックを行っています。歯に異常があるとデンタルフロスがひっかかりますので、場合によってはレントゲン等で確認し、その歯の状態に合わせた処置または定期観察を行います。(必ず削るという訳ではありません。)

歯と歯が密着している部分に小さいむし歯が元々あった、あるいはできてしまった場合には、抜歯症例に対して、矯正治療で歯を動かしている途中に隙間ができてきたときに治療を行います。この場合、多くの場合、噛む面からでなく、歯の側面から最小限の形成で、歯と同色のコンポジットレジンと言われる強化型のプラスチックを詰めて治療を完了させる事ができます。

非抜歯症例などでは、むし歯治療を行える程隙間ができる事は少ないので、この場合は、応急的な修復物や詰め物で治療を行い、矯正治療後に最終的な治療を行う事が多くなります。応急的な詰め物だけでも行わないと、むし歯は進行してしまいます。また、矯正治療終了後の方が噛み合わせが良くなっているので、材料を問わず、本来の歯と同じ様な形態、あるいは、理想的な形態の修復物を装着しやすくなります。

一方、かなり大きいむし歯の場合は、一般的に歯の神経(歯髄)をとる治療が行われる可能性が高く、歯が脆くなり、寿命が短くなりやすいのですが、矯正治療中に神経を保護するお薬を詰めておけば、神経(歯髄)の表層部分に修復象牙質と呼ばれるものが少しずつ形成され、神経をとらずにすむという事もあります。

一般歯科も行っている当院だからこそ、ほとんどの場合、途中で中断させることなく最後まで矯正治療が行う事ができます。

【矯正中のむし歯・歯周病を防ぐ(2)】調整時のフッ素塗布

矯正中のむし歯・歯周病を防ぐ当院では矯正装置を取り付ける前に、ブラッシング指導とフッ素塗布を行っています。

フッ素を塗る事で歯質を強化し、むし歯になりにくくしてくれます。患者様の歯の状態などを見ながら3~4ヶ月ごとに行いますので、かなり高い予防効果をあげています。

なおフッ素塗布をしたからといって完全にむし歯を防げるわけではありません。何よりも大切なことは日ごろのプラークコントロールです。患者様ご自身で歯ブラシをしっかり行い、フッ素入り歯磨き材の使用やフッ素洗口を併用する事で、フッ素塗布との相乗効果が期待できます。

関連ページリンク

当院の特徴
矯正歯科 / 院長の技術力矯正歯科 / 症例できるだけ抜歯しない矯正
見えない矯正装置小児の矯正治療と装置矯正中のむし歯・歯周病予防
矯正治療の期間・流れ矯正料金表

患者様の声 / 矯正治療を終えて
審美歯科 / 症例 / 費用予防歯科 / 症例 / 費用一般歯科・小児歯科

院長紹介・経歴
院内ツアーアクセス・診療時間ご来院される患者様へ医療費控除について

矯正・審美・予防に関するご質問
プライバシーポリシー求人情報

矯正歯科治療を矯正歯科に精通した院長自身が行うということ

矯正歯科治療を矯正歯科に精通した院長自身が行うということ

矯正歯科治療だけを行っている歯科医院は限られていますが、一般歯科治療だけでなく矯正治療も行っている歯科医院は決して珍しくありません。

こういった場合の多くは、矯正歯科医が非常勤(月1~2回、多くても週1~2回程度)で矯正の出張治療を行っています。 矯正日が決まっているため、一度にたくさんの患者様を診なくてはならず、そのため、一人の患者様にかける時間は少なくなる傾向にあり、また、矯正治療のための器具・器材の滅菌・消毒などもおろそかになりがちです。また、一度キャンセルすると次の予約は一ヶ月以降などということも珍しくないようです。

(実際にこういった不安や問題をかかえる患者様が当院に多く来院されることから、このコンテンツを載せることにしました。)

技術的に優秀な矯正歯科医であっても、これらの課題を克服することはなかなか難しいことで、それぞれの医院の院長と矯正歯科医とのコミュニケーションや院長の矯正歯科に対する理解度が重要なポイントになるようです。

また、院長自身が矯正治療を行なっている場合でも、不安や問題をかかえる患者様が当院に来院される事が少なくありません。 その多くは、前歯は何となく並んだけど出っ歯になって唇が閉じにくくなったとか、食べ物を噛み切れなくなったとか、すぐに戻ったとか、顎が痛くなったとか、頭痛がひどくなったとか、中には、矯正治療する前よりひどくなったとか、まったく治っていないと訴える患者様もいらっしゃいます。 矯正治療は、専門的な技術が必要な場合が多く、それなりの修練が必要です。 私自身は、"数回の矯正歯科治療の講習会を受けたくらいで、矯正歯科治療に精通する事は中々難しい"と認識しています。 当たり前の事ですが、矯正歯科治療に携わる者は、矯正歯科治療に精通していなければなりません。

(また、当院でも行っているマウスピース矯正ですが、こちらも注意が必要です。この装置は、しっかり使用しないと中途半端に歯が移動し、悪いながらも安定していた噛み合わせがずれて、思わぬ副作用が出ることがあります。そうなった場合のフォローができる、しっかりとした技術がある必要があります。一見、手軽にみえるマウスピース矯正ですが、慎重さが必要です。)

当院では、矯正歯科治療を日本矯正歯科学会認定医および日本成人矯正歯科学会認定医である矯正歯科に精通した院長自身が行っていますので、これらの課題を克服しています。どうぞ、ご安心ください。

"これらに関連した内容が、日刊ゲンダイの記事に掲載されていました!"

【"抜かずに"でトラブル急増 「子供の矯正」正しい歯科医選び】

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/158301

【子供の「歯の矯正」 受診前に確認すべき6つのポイント】

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/158332

また、"子どもの歯 矯正トラブル"と題して
H27年4月21日(火)、NHK総合"あさイチ"でも同様の内容が放映されました。

【矯正歯科】無料カウンセリングをおこなっています

無料カウンセリングをおこなっています無料カウンセリング
矯正ブログ患者様の声


トップへ » はじめに » 矯正治療中のむし歯・歯周病予防


コールバック予約