トップへ » はじめに » 見えない矯正装置

透明なマウスピース矯正(旧クリアアライナー・現アソアライナー)

透明なマウスピース矯正

矯正装置のワイヤーやブレースが気になり、矯正治療を諦めている方はいませんか?安心してください。見えない矯正装置を使えば、気づかれずに矯正治療が行えます。

当院では確かな装置を使い確実な治療を行っていきたいと考えています。そのため、ワイヤーやブレースを使用しない透明な矯正装置(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)には、確実性の高いマウスピース矯正(旧クリアアライナー・現アソアライナー)だけを使用しています。

取り扱い数が一種類だけと少なく感じますが、それゆえ装置の特長や特性を熟知しています。
精通した技術力で効率よく歯を調整しながら、一人ひとりの患者様に合ったより精度の高い矯正治療を行っています。

アライナーは透明ですので、装置を付けているのが、ほとんど分かりません。すべての症例で、使用できるわけではありませんが、積極的に応用しつつあります(当院はアソアライナー認定矯正歯科医院です)。

【クリアアライナー装着時】
クリアアライナー

【実際の装置】
クリアアライナー

クリアアライナー

クリアアライナー

クリアアライナー

クリアアライナー

クリアアライナーの治療の注意
食事中はクリアアライナーを取り外してください。
食事中以外、睡眠時間も含め1日17時間以上、装着してください。
クリアアライナーは透明で薄い装置ですので、紛失、変形等には十分ご注意ください。
クリアアライナーは矯正装置です。良い結果を出すために正しく取り扱いましょう。

クリアアライナーと似たインビザラインという治療法もあるのですが、当院では、インビザラインに関してのお取扱いはしていません。理由は、現時点において、インビザラインは輸入製品として厚生労働省の認可を取得できていないからです。認可が取れれば、こちらもすばらしい装置の様ですので、将来的には取り入れて行きたいと考えています。
 

目立たないワイヤー矯正(ホワイトワイヤー)

ワイヤーが目立つのが気になる場合は、マルチブラケットに使用するワイヤーを白くする事が可能です。
※1,500円/1本(税別)、全ての症例に適応できる訳ではありません。
通常のワイヤー
通常のワイヤー
ホワイトワイヤー
ホワイトワイヤー

当院が舌側(裏側)矯正を行っていない理由とは?

当院が舌側(裏側)矯正を行っていない理由とは?大変申し訳ございませんが、当院では舌側(裏側)矯正は行っていません。

この装置は歯の裏側に装置を装着するため取り付けや扱いが難しく、また、強い力を歯にかける傾向にあり、強い痛みが伴い易いのです。また舌に装置があたったり、歯を磨きにくかったりと、装置が見えにくいこと以外に患者様にとってのメリットが少ないと考えています。もちろん、矯正装置が見えないと言うこと自体は、大きなメリットなのですが、矯正装置は一生付けているものではなく、いずれ必ずはずす事になります。これらの理由から当院では舌側矯正装置は扱っていませんので、ご理解頂ければ幸いです。

関連ページリンク

当院の特徴
矯正歯科 / 院長の技術力矯正歯科 / 症例できるだけ抜歯しない矯正
見えない矯正装置小児の矯正治療と装置矯正中のむし歯・歯周病予防
矯正治療の期間・流れ矯正料金表

患者様の声 / 矯正治療を終えて
審美歯科 / 症例 / 費用予防歯科 / 症例 / 費用一般歯科・小児歯科

院長紹介・経歴
院内ツアーアクセス・診療時間ご来院される患者様へ医療費控除について

矯正・審美・予防に関するご質問
プライバシーポリシー求人情報

矯正歯科治療を矯正歯科に精通した院長自身が行うということ

矯正歯科治療を矯正歯科に精通した院長自身が行うということ

矯正歯科治療だけを行っている歯科医院は限られていますが、一般歯科治療だけでなく矯正治療も行っている歯科医院は決して珍しくありません。

こういった場合の多くは、矯正歯科医が非常勤(月1~2回、多くても週1~2回程度)で矯正の出張治療を行っています。 矯正日が決まっているため、一度にたくさんの患者様を診なくてはならず、そのため、一人の患者様にかける時間は少なくなる傾向にあり、また、矯正治療のための器具・器材の滅菌・消毒などもおろそかになりがちです。また、一度キャンセルすると次の予約は一ヶ月以降などということも珍しくないようです。

(実際にこういった不安や問題をかかえる患者様が当院に多く来院されることから、このコンテンツを載せることにしました。)

技術的に優秀な矯正歯科医であっても、これらの課題を克服することはなかなか難しいことで、それぞれの医院の院長と矯正歯科医とのコミュニケーションや院長の矯正歯科に対する理解度が重要なポイントになるようです。

また、院長自身が矯正治療を行なっている場合でも、不安や問題をかかえる患者様が当院に来院される事が少なくありません。 その多くは、前歯は何となく並んだけど出っ歯になって唇が閉じにくくなったとか、食べ物を噛み切れなくなったとか、すぐに戻ったとか、顎が痛くなったとか、頭痛がひどくなったとか、中には、矯正治療する前よりひどくなったとか、まったく治っていないと訴える患者様もいらっしゃいます。 矯正治療は、専門的な技術が必要な場合が多く、それなりの修練が必要です。 私自身は、"数回の矯正歯科治療の講習会を受けたくらいで、矯正歯科治療に精通する事は中々難しい"と認識しています。 当たり前の事ですが、矯正歯科治療に携わる者は、矯正歯科治療に精通していなければなりません。

(また、当院でも行っているマウスピース矯正ですが、こちらも注意が必要です。この装置は、しっかり使用しないと中途半端に歯が移動し、悪いながらも安定していた噛み合わせがずれて、思わぬ副作用が出ることがあります。そうなった場合のフォローができる、しっかりとした技術がある必要があります。一見、手軽にみえるマウスピース矯正ですが、慎重さが必要です。)

当院では、矯正歯科治療を日本矯正歯科学会認定医および日本成人矯正歯科学会認定医である矯正歯科に精通した院長自身が行っていますので、これらの課題を克服しています。どうぞ、ご安心ください。

"これらに関連した内容が、日刊ゲンダイの記事に掲載されていました!"

【"抜かずに"でトラブル急増 「子供の矯正」正しい歯科医選び】

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/158301

【子供の「歯の矯正」 受診前に確認すべき6つのポイント】

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/158332

また、"子どもの歯 矯正トラブル"と題して
H27年4月21日(火)、NHK総合"あさイチ"でも同様の内容が放映されました。

【矯正歯科】無料カウンセリングをおこなっています

無料カウンセリングをおこなっています無料カウンセリング
矯正ブログ患者様の声


トップへ » はじめに » 見えない矯正装置


コールバック予約