トップへ » はじめに » できるだけ抜歯しない矯正

できるだけ抜歯しない矯正

できるだけ抜歯しない矯正

矯正相談に行ったら歯を抜かないと矯正できないといわれ、ショックを受けてしまった。
このような経験をされた方はいらっしゃいませんか?

当院ではできるだけ歯を抜かない矯正治療を心がけています(※)。矯正治療の患者様のうちお子様から始めた場合ですと約8割、大人でも約5割の方が非抜歯で治療行っています。もちろん、子どもに比べ成人の方が抜歯率は高くなりますが、それでも一般的にいえば高い非抜歯率といえます。

このページでは当院の抜歯・非抜歯の考え方についてご説明します。

※もちろん、すべての患者様が非抜歯で矯正治療ができるというわけではありません。歯やあごの状態、あるいは顔つきなど総合的に判断したとき、歯を残しておく事で全体のバランスが崩れてしまうこともあります。そのようなときは患者様にきちんと説明したうえで歯を抜くこともあります。矯正治療中の抜歯を心配している方は、一度ご相談ください。

※抜歯に対する恐怖を訴える患者様が、少なからずいらっしゃいます。
当院では、多くの場合、麻酔を含め、痛みを伴うことなく、矯正治療のために必要な抜歯を行う事が可能ですので、ご安心下さい。
麻酔が切れた後も、渡しておいた鎮痛剤を飲まずにすんだ患者様も結構いらっしゃいます。

抜歯は総合的な判断を元に行う

抜歯は総合的な判断を元に行う歯並びが悪い方の中には、口もとがとても気になるといいます。不正歯列の程度にもよりますが、矯正医の立場から考えても、やはり見た目は大切です。

たとえば口もとが前に突き出していると、口が閉じられず半開きの状態になっています。そうすると口の中が乾燥し歯肉の抵抗力が弱くなり歯周病になりやすく、将来的にも歯がぐらついてくる可能性が多くなります。

当院では歯並びと噛み合わせとともに、舌や頬の軟組織(なんそしき)の筋肉の動きなどを考慮しながら、総合的な矯正治療を行っています。

歯を抜かないための3つの工夫とは?

歯を抜かないための3つの工夫とは?当院ではできるだけ歯を抜かないために、次のような治療とアドバイスを行っています。

その1
できるだけ早い時期から矯正治療を始めること。7~8歳ぐらいから小児矯正を始め、その後11~14歳ごろから永久歯(成人)矯正を始めます。

その2
時間をかけながら骨を広げていきます。骨を確実に拡げるためには、お口の中の環境、特にお口を支える筋肉の適応が重要であるため、ある程度の時間が必要です。また、骨だけでなく短期間に歯を移動させると元の状態に戻りやすくなりますので、ある程度と時間をかけながら歯を移動させていきます。

その3
噛む力をつけるということ。お子様の場合、噛む回数を増やす事で口の周りの筋肉が発達し、あごが広がってきます。骨格系にもよるのですが、基本的には、食事中食べ物をしっかり噛む指導をしています。

歯を抜かないために小児矯正の勧め

歯を抜かないために小児矯正の勧め子どものうちに矯正治療を始めると、歯を抜かずに矯正治療が行える可能性が高くなります。お子様の体の成長期に合わせて治療を行えば、成長を利用してあごの骨が広げられます。大人になってからでは顎切り入院を伴うような外科矯正治療の回避も可能になってきます。

治療開始時期が早ければ早いほど、その後の成人矯正期間を短縮することも可能です。また、子どものうちにある程度歯並びや噛み合わせを整えていますので、その後の治療も比較的楽になります。

とはいえ小児矯正で歯並びが整ったからといって、あまり早く装置を外すと噛み合わせや骨の位置がずれてしまう事があります。たとえば受け口の治療後、13歳ぐらいで矯正装置を外しても、まだ骨格の成長が残っているため、あごが前方に延びてきてしまうことは珍しくありません。
治療後の戻りを防ぐためにもある程度症状が改善されたあと、しばらく様子を見ながら適切な時期に装置を外すように心がけています。

関連ページリンク

当院の特徴
矯正歯科 / 院長の技術力矯正歯科 / 症例できるだけ抜歯しない矯正
見えない矯正装置小児の矯正治療と装置矯正中のむし歯・歯周病予防
矯正治療の期間・流れ矯正料金表

患者様の声 / 矯正治療を終えて
審美歯科 / 症例 / 費用予防歯科 / 症例 / 費用一般歯科・小児歯科

院長紹介・経歴
院内ツアーアクセス・診療時間ご来院される患者様へ医療費控除について

矯正・審美・予防に関するご質問
プライバシーポリシー求人情報

矯正歯科治療を矯正歯科に精通した院長自身が行うということ

矯正歯科治療を矯正歯科に精通した院長自身が行うということ

矯正歯科治療だけを行っている歯科医院は限られていますが、一般歯科治療だけでなく矯正治療も行っている歯科医院は決して珍しくありません。

こういった場合の多くは、矯正歯科医が非常勤(月1~2回、多くても週1~2回程度)で矯正の出張治療を行っています。 矯正日が決まっているため、一度にたくさんの患者様を診なくてはならず、そのため、一人の患者様にかける時間は少なくなる傾向にあり、また、矯正治療のための器具・器材の滅菌・消毒などもおろそかになりがちです。また、一度キャンセルすると次の予約は一ヶ月以降などということも珍しくないようです。

(実際にこういった不安や問題をかかえる患者様が当院に多く来院されることから、このコンテンツを載せることにしました。)

技術的に優秀な矯正歯科医であっても、これらの課題を克服することはなかなか難しいことで、それぞれの医院の院長と矯正歯科医とのコミュニケーションや院長の矯正歯科に対する理解度が重要なポイントになるようです。

また、院長自身が矯正治療を行なっている場合でも、不安や問題をかかえる患者様が当院に来院される事が少なくありません。 その多くは、前歯は何となく並んだけど出っ歯になって唇が閉じにくくなったとか、食べ物を噛み切れなくなったとか、すぐに戻ったとか、顎が痛くなったとか、頭痛がひどくなったとか、中には、矯正治療する前よりひどくなったとか、まったく治っていないと訴える患者様もいらっしゃいます。 矯正治療は、専門的な技術が必要な場合が多く、それなりの修練が必要です。 私自身は、"数回の矯正歯科治療の講習会を受けたくらいで、矯正歯科治療に精通する事は中々難しい"と認識しています。 当たり前の事ですが、矯正歯科治療に携わる者は、矯正歯科治療に精通していなければなりません。

(また、当院でも行っているマウスピース矯正ですが、こちらも注意が必要です。この装置は、しっかり使用しないと中途半端に歯が移動し、悪いながらも安定していた噛み合わせがずれて、思わぬ副作用が出ることがあります。そうなった場合のフォローができる、しっかりとした技術がある必要があります。一見、手軽にみえるマウスピース矯正ですが、慎重さが必要です。)

当院では、矯正歯科治療を日本矯正歯科学会認定医および日本成人矯正歯科学会認定医である矯正歯科に精通した院長自身が行っていますので、これらの課題を克服しています。どうぞ、ご安心ください。

"これらに関連した内容が、日刊ゲンダイの記事に掲載されていました!"

【"抜かずに"でトラブル急増 「子供の矯正」正しい歯科医選び】

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/158301

【子供の「歯の矯正」 受診前に確認すべき6つのポイント】

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/158332

また、"子どもの歯 矯正トラブル"と題して
H27年4月21日(火)、NHK総合"あさイチ"でも同様の内容が放映されました。

【矯正歯科】無料カウンセリングをおこなっています

無料カウンセリングをおこなっています無料カウンセリング
矯正ブログ患者様の声


トップへ » はじめに » できるだけ抜歯しない矯正


コールバック予約